ここから本文です

今年の春の甲子園から、激しいスライディングや本塁上のタックルがラフプレーとし...

rac********さん

2013/7/1420:02:54

今年の春の甲子園から、激しいスライディングや本塁上のタックルがラフプレーとしてアウトになるシーンを見るようになりました

今年の春の甲子園から、激しいスライディングや本塁上のタックルがラフプレーとしてアウトになるシーンを見るようになりました
また、三本間での狭殺プレーで、相手の投手に激しくぶつかって倒してもも、セーフでした
この差がわかりません
結局、審判の判断なのでしょうか?

閲覧数:
260
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hay********さん

2013/7/1422:04:31

>結局、審判の判断なのでしょうか?
その通りです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vd7********さん

2013/7/1704:11:26

審判の判断というのは間違いではありません。

http://www.youtube.com/watch?v=p2wReA4Qw3w
大阪桐蔭のと
http://www.youtube.com/watch?v=daNoJ3z3BNY(1:15ごろ)
京都翔英の違いということですよね?

これは守備側が送球を受けたタイミングの違いです。前者の場合捕球時点でまだ4メートル(ダートサークルが目印)は離れていますが、後者はもう2メートル以内に近づいてしまっています。避けれるかどうかが基準になると思います。

mil********さん

2013/7/1422:23:20

言うまでもなく、審判の判断次第です。

あなたが言う三本間で激しくぶつかったのは全く問題ありません。
走塁上たまたまぶつかっただけです。
ぶつかるのとタックルするのは違います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる