ここから本文です

JR北海道の列車はなぜディーゼル車が多いんですか、エンジン火災のニュースよく...

oha********さん

2013/7/1723:52:02

JR北海道の列車はなぜディーゼル車が多いんですか、エンジン火災のニュースよく聞きます電化式にしたらいいのですが

閲覧数:
5,645
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t_o********さん

2013/7/1800:35:18

本州外のJRは赤字を回避できるかできないかの経営が多く、国への嘆願が通るかどうかが鍵になります。
北海道は豪雪への対策が本州よりもすごいため、既存の電化区間でも国鉄の頃から車両は全て北海道仕様でした。

また変電所もJR北海道の交流では、20kmぐらいまでしか間隔を空けることができず、特急しか来ない区間もある中で
1時間に1本も通らない区間もある地域では採算がとれません。
札幌のように近郊圏で本数が多ければ電化しますが、それで成り立つのは今のところ札幌中心の道央と、青函トンネルぐらいです。
雪国でないことを除けば、同じ事情なのが四国です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pot********さん

2013/7/1800:28:23

こんばんは。
北海道はほとんど電化されてない理由としては、あまりに広大な北海道で電化には相当なコストがかかることと、冬季に氷雪で停電や着雪の被害が懸念されるためです。
火災の原因はおそらく過酷な環境でスピード重視を取ったからだと思います。最高速度を下げたり夏と冬で車両を変えれば解決できそうな問題でもあります。今電化されている区間以外(特に大雪山系や渡島半島の海沿い)を電化することは、資金的にも気候的にも厳しいでしょう。

min********さん

2013/7/1800:19:17

JR北海道は交流電化なんで、設備投資だけで費用がかかります。
で、それで元がとれれば問題ないのですが
特急の比率が高い北海道では難しいと思います。
それで気動車特急で対応してきたのですが、特に札幌近郊の夏季・冬季の差が
温暖化で開くことまで計算にしてなかったので
痛みが予想以上に早く出たのでしょうね。
だからって、許されることではないので、車両の投資も気温で前倒しできたと思います。

e2d********さん

編集あり2013/7/1800:41:50

電化したら降雪などで架線が凍結し断線するという事故が多発したりしますが。あと積雪で色々と障害が出ているじゃないですか、余り積雪が無い地域では。設備や、装備が完璧じゃないですから。首都圏で積雪が予想される時、夜中に結氷しないように終電後に電車を走らせたり、始発電車がその役目をおったりしているの知っています?それ、毎日やるとしたら大変ですよ。だから、札幌市営地下鉄はシェルター化されているじゃないですか。

pon********さん

2013/7/1800:05:20

>>電化式にしたらいいのですが

安易に電化すれば良いといいますが、電化は運行コストは安くなる反面、設備投資(架線や電力設備)が膨大になります。
よって都市部のような運行頻度の高い路線ではメリットがありますが、北海道のようなローカル線区では一部の都市間を除いて採算的に難しいのが現状です。

sky********さん

2013/7/1800:00:08

非電化区間が多いから、ディーゼルカーも多くなるだけの話し
電化しないのは、電化するほどの需要が無い路線が多いから・・・これ以上の理由も、これ以下の理由も、ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる