ここから本文です

中国語は、声調言語で、音の上げ方、下げ方によって言葉の意味も変わることから、...

vap********さん

2013/7/1914:51:57

中国語は、声調言語で、音の上げ方、下げ方によって言葉の意味も変わることから、中国人には、音感の良い人が多いのではないでしょうか?

閲覧数:
425
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Gozaさん

2013/7/1915:31:58

普通話は上げるか下げるだけで、音階の区別はありませんので、音楽に関係は無いでしょう。

私は香港在住で、普段同僚たちとは広東語で話しています。
広東語には音階で区別される上がりも下がりもしないフラットな声調が4種あるのですが、同僚たちがカラオケで歌っているのを聞くと、かなり音痴です。(笑
香港のプロの歌手でも、歌がうまいと思える人は少ないです。

ですので、中国語の声調を区別出来ても、音楽に影響は無さそうです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sna********さん

2013/7/1919:45:18

音楽における音感とは、音の高さを音階にあてはめて判断す能力を言います。
言語における音の高低よりも細かな段階を感受する必要があるので、
中国語を話すからといって音楽における音感がよいとまではいえないのではないか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる