ここから本文です

今日本には 領土問題などいろいろな外交問題が存在しています。 ニュースやイ...

doc********さん

2013/7/2000:01:53

今日本には
領土問題などいろいろな外交問題が存在しています。

ニュースやインターネットなどいろいろな所から情報を得て調べたりするんですが不思議に思った事があります。

うまく言い

表せないんですが
相手の国を潰すとでもいいましょうか、、、。

例えば露中韓の日本に対する領土問題で日本を追い込もうみたいな。

相手国を本気で困らせるような
相手国を潰すような

そういう外交してる国ってたくさんあると思うんです。

まあ近隣国は確実ですけど、、、

現在の日本って相手国が嫌がるような交渉とかしてるんでしょうか。

外交って互いの国が発展するためにするんじゃないんですか?

それをやってるのって日本だけに見えてきます。

軍事力を背景に外交するなんてずるいしそんなの平等じゃない気がします。
領土を侵略して日本が困るのをみて楽しんでるのですか?

同盟国にさえも照準を当ててるとか
同盟国でもなんでもないじゃないっすか。

世界の国交を身の回りの友達として考えたら
照準当ててるってことは
表面上は仲良しだけど裏では愚痴言ってるってことじゃないですか!

核持ったら強気になるって
戦争の抑止力になるって
そんなの俺の兄貴有名なヤンキーだぜって調子乗る弟じゃないっすか

領土を勝手にに占領するのって
人の家きて勝手に冷蔵庫やらお菓子やら開けて食うやつじゃないっすか!
買い物行けば奢って奢って。って騒ぐやつじゃないですか!



世界の国交が身の回りの友達なら
すぐ嫌われますよそんなやつら!

そんなやつらと仲良くしてる日本っていう人が俺の友達だったら

お前、優しすぎだ!って注意しますよ!

結局はみんな他国が潰れても自国が潤えばいいんですかね?

そんなの嫌じゃないのかな

みんなで仲良くしたくないんですかね!?

閲覧数:
111
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2013/7/2106:47:12

>結局はみんな他国が潰れても自国が潤えばいいんですかね?
その通りです。
逆に他国を優先して自国の不利益を招くような国家は失格です。
まずもって国家は自国と自国民の利益を優先すべきでありそれに対するスタンスの違いがあるだけです。

露中韓や北は日本が嫌がろうとも日本から金や領土を分捕るのが自国の利益になると考えるからそうします。
日本は軍事力的にも過去の事例的にも領土の拡張は必ずしも利益になるとは限らず、それよりも外国と貿易して稼いだ方が自国の利益になる。
その為には友好的な国が多い方がいいから外交で「仲良くしようぜ」と訴えます。

米国だって日本と同盟を結んでいるのは太平洋を挟んでお隣の大国を牽制するのに日本がちょうどいい位置にいるからです。
欧州各国とNATOという軍事同盟を結び、維持しているのもそのためです。
逆に日本はお隣が非友好的な連中ばかりなので金で心強い用心棒を雇っているのでお互いに利益になります。

韓国は面倒を見てくれていた米国が手を引きそうなので引きとめに必死で、その一方で「強大化してきた中国にすり寄るのがいいのでは?」とも考え始めています。
いい悪いではなく国益を優先するためにはごく当然のことです。

日本は仲良くした方が利益になるからそうする。
米国は世界情勢が安定するのが利益になるから介入する。
露中韓は敵対している日本に嫌われても、どうせ何もできないと思っているから無茶を言ってくる。
ただし、用心棒が腰を上げない程度、日本がガチギレしない程度で。

「国家に真の友人はいない」

真理です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2013/7/2517:07:15

とても参考になる記述がありましたので引用させていただきます
以下引用

経済外交すべて妥協と譲歩外交の繰り返し、国家の主体性というものがほとんど見られません。みなさん、なぜだと思いますか。人によっては、日本は和の文化だからどうしても自然と妥協と譲歩外交になってしまうと主張する人もいるでしょう。それはある面当たっているかもしれません。しかし戦前の日本外交を見てください。日本は堂々と自己主張していますよ。例えば、日本の国際連盟脱退。決して良い外交政策といえませんが、日本国家の主体性というもの発揮しているではないですか。和の文化でも日本国家の主体性を発揮しているではないですか。なぜですか。戦前の日本は、政治家も経済人も軍人も国民も強い国家意識があったからです。強い国家意識は必然的に国益に敏感になるのです。戦後の日本人を見て下さい。現代に近づけば近づくほど政治家、経済人、自衛官、マスコミ、日本国民全体に国家意識がなくなり、国益に鈍感になってしまった。戦後、私たち日本国民は、汗水たらして一生懸命働き、外国人からワークホリックとさげすまされながらも働きぬいて経済を繁栄させてきた。しかし残念ながら日本国民の国家意識が薄く、国益に鈍感で、アメリカの日本経済発展抑止策には全く手がでず、政府、国民一緒になって自らの手で経済繁栄期間を短くしてしまったと言う事もできるのです。経済学者や経済評論家は、経済以外なにも勉強していないからこういうことが全然理解できないのだ。現在の支那人や韓国人にあって日本人にないものは、この国家意識です。国家意識の強い両国は、上り調子です。国家意識のない日本は、落ち目の下り坂をころげるような状態です。強い国家意識が、いかに重要かということを特に若い人に強調したいし、また理解してもらいたいのです。和の文化ゆえ私が主張する「うぶでバカでお人好し」外交に陥りがちになる。だからこそ我々日本人は、よけいに強い国家意識が必要なのです。

たけぼ〜さん

2013/7/2013:55:08

仲良くすることが自国の利益につながるのであれば仲良くするでしょう。
でも誰もが他者より上に行きたい。良い暮らしをしたい。そう思う人のほうが多いはずです。
もともと価値観の違う人達に私達の価値観を分からせようとすることは非常に困難です。
それよりも私達とは争うよりも仲良くしたほうが利益になりますよ、と分からせたほうが相手は動きます。

ipc********さん

2013/7/2000:39:56

近隣国が領土問題でもめるのは、どこでもいつでもあることです。
最近まであまり問題として浮かび上がってこなかったような印象がありますが、近隣国の経済状態がよく、政治的にも安定しているときは、表に表れてこないだけです。つまり棚上げ密約が守られているってわけです。
また、日本は最近まで失われた20年と、経済状態があまりよくなく、近隣国は経済発展に浮かれていました。
ところが最近経済変調が表面化してきたときは、いつ密約が破られるか危うい状況になってなっていました。あくまでも政治的な意味で。
国内の不満を、外に向けるということは、政治の常套手段です。
そこに、どっかの元都知事が火をつけちゃった。そこにどっかの党首がやばい行動をとっちゃった。
あげくの果ては、歴史問題の口実をつくるような、おばかな発言をする外交音痴のかたがたが、油に火を注ぐような発言をしちゃった。
それでエスカレートしたんではないかと思います。

ま、ここは余計な発言を控えて、解決しようなんて余計なことを考えずに、経済問題や文化交流に専念することでしょう。
最低の領海警備はつづける必要はありますが。
マスコミは、政治のニュースを大きく取り上げますから、どうしても過激な状態に見え、一部の人たちが大騒ぎし、またマスコミが取り上げるという悪いスパイラルに入りがちです。

とりあえず、近隣国の直接の友達をつくって、直接話して見ないと、どう考えているかわからないでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる