ここから本文です

高速道路は法律上は国道です。つまり公道であるのになぜ料金をとるのですか?本来...

goi********さん

2013/7/2109:41:58

高速道路は法律上は国道です。つまり公道であるのになぜ料金をとるのですか?本来建設費や維持費は自動車諸税や軽油揮発油税などで賄うべきで はと思います。
高速道路の建設費を建設国債で発行しそれを全額日銀が引き受ければ実質的にタダで高速道路が建設出来ます。補修管理維持費だけなら自動車諸税や軽油揮発油税で十分賄えませんか?
道路インフラの整備は古代ローマ時代から国の重要な役割のひとつです。料金など取らずに活用させ経済を発展させるべきだと思います。少なくとも自民党やキャリア官僚たちは楽市楽座や関所廃止をした信長に見習うべきでは?

補足自動車諸税や軽油揮発油税で賄うなら受益者負担ですが?もし道に受益者負担を言い出せば一般道も橋もみな料金をとらなくてはならなくなります。利用者が少ない林道や田舎の道は造れなくなります。もし固定観念からか高速道路は一般道の一部だと理解出来ないのであれば知的障害でしかありません。そもそも高速道路など幻想であれは自動車専用国道という公道です。料金徴収の法的根拠すら薄弱な制度なのです。

高速道路,軽油揮発油税,自動車諸税,楽市楽座,関所廃止,下道,公共交通

閲覧数:
946
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dob********さん

2013/7/2110:14:20

高速道路の建設費や維持費も税金負担となれば、高速道路を利用しない納税者の反発は必至です。

料金水準は別として、受益者負担の観点から、料金を収受する現在のシステムが妥当であると考えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

abu********さん

2013/7/2114:11:58

>料金徴収の法的根拠すら薄弱な制度なのです。

ってことなんだけど、
公道だから料金を取ってはいけないという法的根拠はゼロじゃないかなぁ。
その部分の出典を出していただけるとありがたいです。

それだと国鉄は全部無料だったのか、ってことにもなってくるし……

まぁ知的障害って言葉を出す時点で釣り質問なんだろうけどね……
というか何を言っても無駄というか。

gka********さん

2013/7/2111:14:46

総論としては、仰る説もうなずける部分があります。「来建設費や維持費は自動車諸税や軽油揮発油税などで賄う」のであれば、普段車を使わない人からの税金徴収はありませんし、車を使わない人への影響はありません。(実際には物のサービスや価格に物流に関する実費が加わっているので、車を使わない人でもい間接的に負担していることにはなりましす、一般財源負担分は誰もが負担していることになります。)下道ばかり使って高速道路を使わない層は、異議を唱えるかもしれませんが、走行距離が短ければ、負担増はそれほど多くならないし、走行距離が長いのに下道しか使わないなら、本来高速を使うような人が下道を多く使うことで下道の劣化を早めているので、維持管理費を多く払うべきという考えになっても不自然ではありません。

でも、実際問題として自動車ユーザーの大半が、この案に賛成しますか?高速は無料にしてほしいけど諸税は増税してほしくないのではありませんか?
無料にして、その分を自動車諸税や軽油揮発油税などで賄うのなら、これらの増税が必至になります(今後高速は建設費の償還より維持費の増大が問題になります)が、それを多くの自動車ユーザーが受け入れるでしょうか?JAFなどはこれらの税金すら低減化すべきと言っているような状況ですよ。

一般財源化すればいいという人もいるでしょう。でも、主に高速のみを利用している層の維持管理分をそれを利用していない人からの税金から負担することが正しいことでしょうか。車を使わない人は、車を使う人が移動するような中長距離の移動は高速バスや鉄道などを使い、高速の維持に税金を追加負担するうえで、別システムでさらに運賃・料金を別途払わされるのです。
高速千円でこれらの乗り物に大打撃を与えたように、無料にすればそれ以上の打撃を与えます。つまり、車を使わない層は、税金負担が下手すら増えたうえに、普段使っている交通機関が(高速無料化による経営悪化に伴う減便、廃止、値上げ等で)今まで以上に不便、負担となってダブルパンチとなります。
車を使う方が地球環境その他の面で有利ならそれでもいい(つまり公共交通は将来的に全廃する)のですが、はたしてそうでしょうか?公共交通を使う層がいるからこそ、道路網は今のままでもなんとかなるのです。これがすべて車に移行すれば、特に都市周辺は大変なことになります。

高速無料化は車を使う人だけの問題ではなく、車を使わない人ほど深刻な問題につながるのです。ところが、政府をはじめそこに気づかない(気づこうとしない)人が多いのです。他の政策と同じく、金にならないからです。

高速無料化をするなら、公共交通に対する現状と異なる政策もやったうえでないと、高速道路を多く利用する人だけがウハウハになる非常に不公平な制度となります。

公道は無料でないといけないなんて制限は法的にもありません。もちろん移動の自由を守るために有料道路でないと行けない場所は作らない方がいいですが、他に下道があるならそれより便利な道を使う人がその維持管理費として追加にお金を負担することに異議があるのがすごく不思議なのです。

鉄道やバスなどの公共交通を無料にしろと言えば、多くの人が「何を馬鹿なことを…」というと思いますが、公共交通機関を普段から使う層にしてみれば高速道路を無料にしろと言うのは同じように馬鹿げたことに見えるのです。

質問者様の意見が間違えているというのではなく、高速道路を無料化すれば、車を使わない人ほど現実的な影響が出て来る(現に既に高速千円でその打撃を受けた人が既に多数いる)ということを知ってほしくて意見しました。

ihy********さん

2013/7/2110:58:26

公共のものだから無料は根拠の無い話ですよ、上下水道は公共ですが有料です。
それに建設国債は借金でしょう、タダにはなりません。
お金を払うのが嫌なら一般道で行けば良いでしょう。
高速道路は一般道路と違って入口と出口が限られている問題がありますね、高速道路が通ってもでいる出入り口が無いためお客さんが減った観光地もあります。
税金だけで作るなら今の一般道路と同じように全ての人が使えるように出入り口を増やす必要があります。
基準のサービスとそれ以上のサービスでは料金の差があってとうぜんでしょう。
電車の指定席やグリーン席に別料金が発生するのはおかしいですか?自由席が一般道で指定席が高速道路でしょう。

kan********さん

編集あり2013/7/2312:33:08

楽市楽座や関所廃止は、隣国の商売人に自国で商売をやらせて、隣国で商売させないようにしたわけです。言われているような領内の経済活性化政策ではなく、隣国の経済力を簒奪して、隣国の国力を疲弊させる政策です。
現在で言えば、FTAを相手国のことを何も考えず敵対的に行ったと考えればいいと思います。
現在に当てはめると、韓国がアベノミクスの影響を受けまくってるのと同じでしょう。
それよりもTPPや各国とのFTA交渉進展を見越して、国内の大きな空港は国際線貨物のハブ空港を目指す空港が増えて行くそうです。
国内輸送は、長距離もしくは速達性を求められる輸送以外は、できるだけ鉄道輸送と自動車輸送に集約して、全体での低コスト化をしていく方向だと思います。
有料道路を完全に無料にすると、交通量が増えすぎて、連日大渋滞が起きてしまいます。大渋滞が発生すれば、経済的には逆効果ですので、交通量がふえすぎないように、ある程度はブレーキ役として、利用料金を設定しておきます。
交通量が増えると、エネルギー消費も増えます。
我が国はエネルギーの大半を輸入に頼りますから、エネルギー消費量が増えるのは、それだけでGDP減少に繋がります。
鉄道や船舶などエネルギー消費効率の高い輸送手段への集約を図るためにも、高速道路の完全無料化はやはり愚策ということになってしまいます。
鉄道の駅や港湾、飛行場へアクセスする自動車の高速料金を安くするのは、アリだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる