WiiUを持ち上げる 売り上げなどを上げるにはどうしたらいいでしょうか? キラータイトル(カービィ、どうぶつの森、メトロイド、ゼルダ) 値下げ アップデート、更新 ソフト充実 CM

WiiUを持ち上げる 売り上げなどを上げるにはどうしたらいいでしょうか? キラータイトル(カービィ、どうぶつの森、メトロイド、ゼルダ) 値下げ アップデート、更新 ソフト充実 CM

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

慢性的なソフト不足の解消とキラータイトルの投入です。 WiiUにゲームタイトルが圧倒的に不足しているのは誰の目で見ても明らか、特にサードパーティーからのソフトリリースがマルチですらほぼ壊滅的な状態です。任天堂にはたしかに有力なタイトルが多数ありますが、消費者の多様なニーズを1社で満たすことは不可能です。しかし、性能は同等でもPS3・Xbox360から7年遅れで発売されて市場規模が1/10程度しかないため、サードパーティーを引き込むことは困難です(同じもの出すならPS3・Xbox360の方が条件が良い)。ですがそれをしない限り活路はありません。 ソフトラインナップが改善されて、キラータイトルの話になるわけですが、質問者さんが挙げたタイトルはキラータイトルとしては弱いです。カービィ・メトロイド・ゼルダは知名度はありますが、売上的にはキラーと呼べるほど期待はできません。ハードを持っていれば定番として買ってみるけど、ハードを買ってまで欲しいか?ということです。どうぶつの森は3DSで爆発的に売れましたが、据置機でもそれほど売れるかは疑問です。美しいグラフィックになったとしても、既に3DSで遊べる上に携帯機ならではのお手軽さとソーシャル部分をスポイルしても売れるのか?ということです。 現在のWiiUの悪い流れを変えるには、意外性を持った独占キラータイトルの供給が必要です。PS1にとってのFFⅦ、3DSにとってのMH3Gの様なサードパーティー製タイトルです。ファースト製では出て当然、それ故流れを変えるほどのインパクトはありません。ですが、サードパーティーにとっての看板タイトルを、売上の見込めないハードに独占供給させることはハードルが高いです。 正直、これらの事はかなり実現は厳しいと思います。 その他 アップデート、更新で買う人なんていないです。ハードがより良くなっていくことはいまや当然のことですから。WiiUの場合は「何でそれを最初にしておかなかったの?」というマイナスの印象が強い。それに、ハードを持ってない人が良くなった部分を具体的に想像なんてできないです。 CM見て衝動的に25,000~30,000円もする商品を買う人なんてほとんどいません。どんなソフトが発売されているか、これからどんなソフトが出るのかを下調べして買う人が大多数です。

その他の回答(2件)

0

ネットのショボさが任天堂の弱点だと思います ロンチのニンテンドーランドなんかネット対戦できるだけで キラーソフトになりえたのではないか? 次世代の任天堂は違うぞ!と印象付けられたのではないか? マリオやピクミン、ワリオも対応して欲しかった またミーバースも低年齢のユーザーを意識してか中途半端に思えます 他社のいい所は積極的に取り入れてほしい 日記機能やコミュニティを自分で作れたり FBのようにひょっとして知り合い?機能つけたり 足跡やページカスタマイズ、メールアカウント・・ 最近はパズドラ ライン 動物の森 モンハン など リアルの仲間内でワイワイできるのが売れているので ソフトもネット対戦を増やす ミーバースもリアルを繋ぐ、ネット上での仲間を増やす これらに特化していけばおのずと最近流行りのヒット作がでてくると思うし それらのゲームとGAMEPADは相性がいいので WIIUならではのゲーム、WIIUならではの市場ができてくると思います

0

過去の産物にすがるより、完全新作のゲームを作ったほうが新鮮だとは思います。 「任天堂キャラクター(スーパーマリオシリーズ、ゼルダの伝説シリーズ、ドンキーコングシリーズ、星のカービィシリーズ、どうぶつの森シリーズ、メトロイドシリーズ等)が定着している現状」、その関連の作品を開発、販売すれば売れないことはないと思います。 しかし、爆発的な売り上げにはならないと思います。理由は、 上記括弧内の定着という言葉。定着とは、知れ渡り人気があるということだと思いますが、裏を言えばもう知っている過去の物であり、存在が当たり前という見解も出来ます。そして、その作品の世界観も知っている。知っているというのは、飽きる可能性も秘めていると思います。 続編に期待するが、ある程度の売り上げしかいかない。何故か? 続編は最初を知っているプレイヤーがプレイするものだと思うからです。 値下げしなくても、それが本当に面白ければ高くても買います。 要約すると、知っているものはつまらないということです。 完全新作の大前提は、新ハード(WiiやDSの固定概念とは違うもの)も共に開発することです。 今までにない新感覚ゲームの創作、どんな人でも楽しめる超広範囲のゲーム世界。 私は、それをやり遂げる自信はあります。 嘘でこのようなことは言いません。 新しいものほど、新鮮で楽しいことはありませんから。 どうしたらいいか。 完全なる創造は自分自身しか出来ません。 それを、広げ開拓するのは自分自身と自分に関わる人です。 自分を信じて頑張ってみて下さい。 私が先に売り上げ伸ばしたいですが(笑)