ここから本文です

エホバの証人に質問。エホバで使う「証言」は「勧誘」「伝道」「宣教」と同じでは...

sec********さん

2013/7/2619:02:59

エホバの証人に質問。エホバで使う「証言」は「勧誘」「伝道」「宣教」と同じではないですか?差別化する意味がわかりません。

補足勧誘という言葉を使っても無理矢理とは限りません。強制改宗どこもやっていないのでは。

閲覧数:
791
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yan********さん

2013/7/2912:09:22

確かにそうですが・・。

しかし、「証言」とは、証しをすること、正しいことを証明することですね。例えば、「親族(あるいは職場の同僚)に証言する」などと使います。

「勧誘」はあまり使いません。

「伝道」は聖書の音信を広く宣伝することですね。「宣教」も大体同じ意味で使われます。例えば、「家から家の伝道」、「パウロの宣教(旅行)」などと使います。

同じパウロで言えば、
◎「アグリッパ王への証言」、×「アグリッパ王への伝道(宣教)」で、
◎「ローマにおける伝道(宣教)」、△「ローマにおける証言」

という感じですね。用いどころが違います。

質問した人からのコメント

2013/8/1 20:41:52

成功 証言しても受けるほうは勧誘と表現してしまうのですよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jwi********さん

2013/7/3008:49:05

証言・・・・・基本的には、弁護する、擁護する、そういうニアンスですからね。

勧誘とは違うんですよ。

kay********さん

編集あり2013/7/2809:41:21

【勧誘】ではないです。

無理やり宗教に入らすことはしません。

皆さんにこれから来ることをお伝えしているだけです。

【補足】

伝えているだけなので勧誘とはいえませんね。

kei********さん

編集あり2013/7/2813:32:30

まぁどれも同じような言葉ですよね。微妙なニュアンスの違いはありますが。


追記:
エホバの証人は「勧誘」という言葉はあまり使いません。
勧誘というと、入信や入会を直接勧めるという感じですが、多くの場合に最初の訪問で行うのは、自分が聖書から学んで得られた益について伝えることであったり、生活に役立つ聖書の言葉を伝えて実際に役立ててもらうことであったりします。それで、証言や伝道や奉仕という表現を使うことが多いです。
相手が関心を示す場合、聖書を学ぶことを勧めます。聖書を学んだり、集会に出席したからといって、それでエホバの証人になるわけではありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる