ここから本文です

「鯨を捕りたいんだ!」以外の捕鯨の必要性

cas********さん

2013/7/2921:02:06

「鯨を捕りたいんだ!」以外の捕鯨の必要性

非常に興味を持ちましたので、質問です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311080646...
貴方はこちらの回答にて、

>捕鯨推進派が「鯨を捕りたいんだ!」
>などの感情論を持ち出すことはありません

あるいは

>「鯨を捕りたいんだ!」という感情で捕鯨するのではなく、
>つまり「鯨を殺したい!」ではなく鯨を捕る必要があるとの判断で捕鯨をする

と答えられておられますが、

『鯨を食用にするため』以外の
捕鯨の必要性を

①科学的根拠のある論文を引用した上でひとつ

②論理的根拠を踏まえたうえでひとつ

ご回答いただけますでしょうか。

なお、IWC等の話題になますので、
あくまで遠洋捕鯨での話、
つまり日本の近海で可能な捕鯨については議題として省きます。


ちなみに私の知る限りでは
IWCの科学委員会等において
なんらかの事情において、『捕鯨をしなければならない』
とされる科学的な合意は存在しなかったと記憶しております。

ワタシの記憶が誤りであればご指摘ください。

また、BAはsamezame135氏を選ぶ予定ですが、
そのほかの回答者様で、ご意見あればそれもいただければ幸いです。

私の意見、反論は『補足』が一度とさせていただきます。

ご回答のほどよろしくお願いいたします。

補足意図通りの回答をありがとうございます。

IWCのルールに則れば商業捕鯨が再開されても
他の食肉の1%以下の生産量にしかなりません。
つまりは生存に絶対的に必要な食料ではない。
それ以外に科学的に『捕らなければならない』理由もない。

要するに、言いたいことは、
『食べたい』というのはあなたの『希望』にすぎず、
つまりは商業捕鯨を再開したい理由は単なる感情論ってこと。

もっとマシな理論展開をしてもらいたいものです。

閲覧数:
217
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

編集あり2013/7/3001:00:11

補足
その1%理論はよく出てきますが、それを拡大していくのも交渉です
食用肉のシェアは時代と共に変化します
昭和30~40年代には鯨肉のシェアはかなり高かったのは事実です
ブロイラーが普及して鶏肉が増え、牛肉が自由化になり増えました
鶏肉は主にブラジル産、牛肉は御存知の通りアメリカやオーストラリア、メキシコ産もあります
豚肉もかなりが輸入品です
カナダやメキシコ産が多いです
その他の食肉もかなりが輸入品です
鴨、合鴨、雉、鳩、鶉、鹿、兎などのジビエ類、蛙や猪などもそうですね
最近では駝鳥やエミューもあります
しかしシェアでいうならこれらも数値的には少ないです
では少ないから必要ないのか?
別に食べなくてもよい、と切り捨てて良いのか?
これらが必要だというのは感情論なのか?
鯨を食べるのは感情論だと言うなら牛も豚も鶏も感情論であり、必要無いということになります
シェアが何%なら必要で何%以下なら必要無いとはならないでしょう
誰にも決められません

ましてやこれだけ輸入に頼るというのは、安全保障上非常に危うい状態です
何時までも好きなだけ安く輸入出来るとは限らないのです
輸入出来るうちは良いですよ
しかし何時どうなっても良いように備えることが必要です
それが米であり、乳製品であり、野菜であるのです
農家を過保護に守れとは言いません
しかし一度絶えてしまったら復活させるのは容易ではありません
捕鯨も同じです
ましてや捕鯨は海洋利権的要素が強いですから、一度途絶えさせるとまず復活は難しいでしょう

これらは「あれが食べたい」などの個人的感情論などではなく、国家の安全保障の問題です
エネルギーと同じかそれ以上に大事なのですよ

反捕鯨論者に大局的な国家観を説いたところで理解不能でしょうが

―――――――――――――――――――



何が言いたいのでしょうか?
意味が解りません

鯨は食用に捕獲するものであり、調査捕鯨は商業捕鯨の再開のための調査です
まさか観賞用には捕獲しませんよね
まあ一部の水族館などでは鯨もいますが

必要がある、とは食べるために必要である、若しくは将来継続的に食べるための調査のために必要があるという意味ですが
難しかったですか?

副産物を、例えば文楽に髭を使うとかはしますが、現代では鯨油は必要無いですし、食用以外に何が?

IWCは捕鯨を禁止するための団体ではなく、捕鯨を適正に継続していくための団体ですよ

質問者様は鯨の専門家、若しくは専門家気取りの方なのか解りませんが、本物の専門家は知恵袋などには出てきませんし(勿論私を含めて)、ムキになってリクエストするような子供じみた真似はしないものですよ

しかも「論文を引用」だの「論理的根拠」だのと、いかにも「無知な輩が俺様に楯突くとは片腹痛い」とでも言いたげなことを書く辺りが幼稚です

私は子供の頃から鯨を食べてますし、将来も食べたいと思っています
自分の子供にも食べさせています
欧米の乱獲が主たる要因で少なくなったのに(しかも食用以外で)、そのケツを日本が拭く必要はないでしょう
商業捕鯨が認められれば調査捕鯨は必要ありません
誰も食べなくて捕鯨がすたれたら、それはそれまでです
時代の流れですから

日本政府が商業捕鯨を再開するつもりがないとの意見もありますが、毎年再開を求めては否決され続けています
私は水産庁の人間ではありませんし、調査捕鯨のための調査捕鯨には興味ありません
あくまでも商業捕鯨再開のための調査捕鯨と考えています
そうではないとの見解は知っていますが、それならその論拠を示して頂きたい

反捕鯨派は純粋まっすぐ君の護憲派若しくは反原発主義者のようです
「僕達は正しい!」「僕達は正義の味方だ!」という子供っぽさを感じます
憲法だの原発だのはあくまでも例えですよ

質問した人からのコメント

2013/7/30 01:16:36

食糧自給の安全保障について述べるなら『遠洋漁業』は考慮され得ません。
危機的状況の中、そんな遠くまでエンヤコラ、ですか?

自国生産の『農産物』で解決するのがその指針です。
農林水産省のページにすら記載されてません。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/

普通の話ですよ。もうちょっと考えましょうよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

roz********さん

2013/7/2923:58:37

ああ、この人論文自体どころか、一般向けの書籍も…科学に関しての裏取り全然してないから、出せるわけありません。

でも、私は生暖かい瞳で見守っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる