ここから本文です

イヤホンの「カナル型」「耳かけ型」の長所、短所をそれぞれ教えてください。

実月さん

2013/7/3108:55:30

イヤホンの「カナル型」「耳かけ型」の長所、短所をそれぞれ教えてください。

閲覧数:
12,859
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pa_********さん

2013/7/3112:57:29

最近のイヤホンの主流であるカナル型は、耳の奥に挿して鼓膜にダイレクトに音がくるので比較的迫力が出やすいです。
また、音1つ1つが聞き取りやすい。欠点は耳穴を圧迫するので疲れる。また、長所でもあり短所でもあるのが遮音性。電車やバスなど周りの音がうるさい場面では外部の音を遮音してくれるので音楽に集中できます。ただ歩いて使う分には音が聴こえないのでちょっと危ないかもしれません。

耳かけ型は、ヘッドホンのオンイヤー型みたいなパットがついてるものだったり、インイヤーといろいろ種類がありますが、
カナルと比較して、パットつきのもの、インイヤーとして回答します。

まずこちらのほうがカナルより疲れない。耳にそっと入れる、またはかぶせる形に近いので装着感がよく疲れにくいです。
カナルより鼓膜からの距離があるので音も一点に集中しすぎず音に若干のひろがりが感じられます。
欠点は装着感ががっちりつける感じじゃないのでぽろっと取れやすい、カナルより音漏れがする。
また音1つ1つを聴きたいならカナルより劣るかな?という感じです

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

coh********さん

2013/7/3110:38:51

カナル型 耳を密閉するので外の音が気にならないが、耳の中に汗をかく。
耳掛け型 あまり耳を圧迫しないので良いが、メガネをしていると使いにくいし耳の形に合わないと痛い。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる