ここから本文です

オーケストラと吹奏楽はどうちがいますか ※個人的にはヴァイオリンがあるかないか...

aka********さん

2013/8/108:20:06

オーケストラと吹奏楽はどうちがいますか
※個人的にはヴァイオリンがあるかないかの違いだと思ってます

閲覧数:
1,238
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bak********さん

2013/8/122:57:10

バストロンボーン出張中のテナートロンボーン吹きです。
「バイオリンがあるかないか」さほど間違った認識ではありませんね。

より正確には弦五部(バイオリン1・2、ヴィオラ・チェロ・コントラバス)
があれば「オーケストラ」と云う認識で良いかと思います。

ややこしい話をすれば、「ウインド・オーケストラ」という概念は間違いなく
「吹奏楽」を表すのですが「オーケストラ」という言葉が入っています。
「マンドリンオーケストラ」と云う概念もありますが、これにもバイオリン属は
含まれません(コントラバスはあったかな)、マンドリンとギターが主です。

ようするに広義での「オーケストラ」と云う言葉は「楽団」とほぼ同意語である
と云うことです。

もちろん狭義の「オーケストラ」は他の回答者様のおっしゃる通りです。

また、このカテにいらっしゃる回答者の中には、吹奏楽の歴史すら理解せず、
短絡的に「吹奏楽=部活=音楽ではない」と云い放つ人がいるのは、残念な
ことです。
吹奏楽関係以外では説得力のある、見識に富んだ回答をなさっているだけに、
余計に残念に感じます。

質問した人からのコメント

2013/8/2 14:20:22

分かりやすい説明ありがとうごさいました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

str********さん

2013/8/123:27:00

演奏する音楽が、違います。
オーケストラはクラシックですが、吹奏楽は吹奏楽用の曲を演奏します。

per********さん

2013/8/120:51:08

オーケストラはお祭り騒ぎ、
吹奏楽はウルサイだけの騒音発生活動です。
※個人的には音楽があるかないかの違いだと思っています。

ara********さん

2013/8/116:58:55

オーケストラは、バイオリンなどの弦楽合奏を主体として、色彩を加えるために管楽器が入っているのが基本的なスタイルです(特に古典的な作品の場合)。

吹奏楽は、オーケストラの弦楽器のような、中心となる同族楽器群はありませんので、それぞれの管楽器群の響きをブレンドすることを主体として曲が構成されます。

なので、バイオリンのあるなしというよりも、根本的な成り立ちが違います。

one********さん

編集あり2013/8/109:32:48

>※個人的にはヴァイオリンがあるかないかの違いだと思ってます

多分こういう認識の人も多いでしょうね。
いや、確かにオーケストラにはヴァイオリンやヴィオラ、チェロなどの擦弦楽器が居ますし、
吹奏楽にはコントラバス以外の擦弦楽器は普通は居ませんが、
オーケストラと吹奏楽の違いは「それ」だけに集約出来るものでは無いと思います。

弦楽器と違って、管楽器はオーケストラと吹奏楽のどちらにも居ますが、
「オーケストラの管楽器」と「吹奏楽」には大きな違いがあります。
オーケストラ作品での管楽器は、フルート2本、オーボエ2本、クラリネット2本…といった感じで、厳密に本数まで定められている場合が殆どで、
基本的に管楽器は「1つのパートを1人で演奏」します。
これに対して吹奏楽では、「1つのパートを何人で演奏するか」は厳密に定められていない場合が多く、
同じ曲を演奏する場合でも、ある団体ではクラリネットパートを6人で演奏するが、人数の多い別の団体ではクラリネットパートを9人で演奏する…
といったように、状況によってバラつきがあります。

吹奏楽にも各パートの人数が指定されている曲はありますが、そちらは「ウィンドアンサンブル」と呼ばれている演奏形態で、厳密には吹奏楽とは異なる編成です。
日本では吹奏楽とウィンドアンサンブルは混同されがちのように思いますが…他の国ではどうなのでしょう?

プロフィール画像

カテゴリマスター

orp********さん

編集あり2013/8/109:22:28

ざっと書き出します。例外もあります。

1 主になる楽器が違う。
オーケストラは基本的には弦楽器の音楽。管楽器は「おかず」程度で、たとえば弦楽器が20ページある曲でも管楽器は1〜2ページ、ということが普通にある(特に金管楽器)。つまり弦楽合奏に管楽器「も」加えたのがオーケストラ。これまでに考えられたオーケストラ楽器のためのあらゆる表現方法を使用することが可能なので、表現力が豊か。

吹奏楽は弦楽器無し(コントラバス除く)なので、クラリネットあるいは木管楽器が中心。軍楽隊をルーツとするので、本来は行進曲が主なレパートリー。速いテンポや弦楽器特有の表現方法(ピチカート、トレモロ、コルレーニョ等)などが使えないが、レパートリーはオーケストラ曲を編曲したものも多いので、オケに比べて表現力に制約がある。

2 聴衆が違う
楽器を触ったことが無い人でも、音楽ファンならオーケストラのCDやコンサートのチケットを買う。
吹奏楽のCDやコンサートのチケットを買うのは吹奏楽部員や元部員。

3 立場が違う
オーケストラは芸術を作る団体。
吹奏楽は部活あるいはその延長の「クラブ」。

4 目的が違う
オーケストラは良い音楽を作るのが目的。
吹奏楽はコンクールで勝ち抜くのが目的。

5 業界
オーケストラはまずプロオケがある業界。
吹奏楽はまず部活がある業界。



みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる