ここから本文です

「女房」「侍女」「側女」「腰元」の違いとは?

june_5163_rainさん

2007/3/2316:03:52

「女房」「侍女」「側女」「腰元」の違いとは?

「女房」「侍女」「側女」「腰元」の違いとは何なのでしょうか?
また、「側女」と「側室」は別のものなのでしょうか?
どなたか詳しい説明をお願いします。

閲覧数:
46,821
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ajilyarisamaさん

2007/3/2316:36:36

女房ー広くは皇室、或いは、貴族に仕え、秘書的仕事をこなす。職業婦人を指す。
 現在では、主婦の口証として言われることが多い。
侍女ー武家の身内で行儀見習いとして家に仕える婦女子のことを言う。
側女ー主に主君の身の回りを世話する役職、世継を作る為の予備軍でもある。
側室ー御借り腹様といい、側女が主君の情け(SEX9を受ける身分になった方(役付き)
腰元ー奥向き全般をこなす婦人、主に雑用をこなす。広くは、行儀見習いとして、一般町人の
 婦女子が上がる事もある。
以上です。
 

質問した人からのコメント

2007/3/25 17:09:48

感謝 そういう風に区別されていたんですか!
気になっていたことが判ってすっきりです。ありがとうございました。

「腰元とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ympo4o9pさん

2007/3/2316:23:53

「女房」=○女官の部屋。また、朝廷に仕える女官で、一人住みの部屋を与えられた者。
出身の階級により、上臈(じょうろう)・中臈・下臈に大別される。
○貴族の家に仕える侍女。
○中世・近世、一般に女性、また、愛情の対象としての女性のこと。

「侍女」=貴人などのそばに仕える女性。腰元。

「側女」=本妻以外にそばに置く妻。めかけ。そば近くに仕える女性。

「腰元」=身分の高い人のそばに仕えて雑用をする侍女。こしもとおんな。

「側室」=貴人のめかけ。そばめ。

---以上はヤフー辞書より---

だいたい「女房」「侍女」「腰元」は単なる召し使い。
「側女」は武家で正妻に跡取りができなかった時に置く正妻以外の妻(もちろん跡取りがあっても置く場合があって単なる夫側のわがまま?のような)

「側室」はおもに宮廷で貴人の手のついた(愛情関係のある)身分のある女性。
単に側室と言っても家柄によってきちんと「女御」「更衣」などという公式の身分が授けられた。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。