ここから本文です

何か被災動物のために支援をと思っていたところ、にゃんだーガードという動物保護...

tsuruneko_xyzさん

2013/8/820:56:06

何か被災動物のために支援をと思っていたところ、にゃんだーガードという動物保護団体を写真展で知りました。

震災から2年半たった今、ホームページを見てもあまり活動方針がわかりません。

現在も被災動物の保護をやっているのでしょうか?
また、安心して支援できる団体でしょうか?

ボランティアさんの素の意見が聞きたいです。
よろしくお願いいます。

補足たくさんの生の声をありがとうございました。
自分の身銭を今の運営に任すことはやめます。

閲覧数:
5,338
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ao1515223さん

2013/8/1010:49:20

私は2011年の6月から、原発周辺に残されてしまったペットの事が気がかりで
にゃんだーガードに支援(物資・お金・ボラ参加)していました。
大熊町役場近くに友人の家があり、フェレットを置いたまま避難したことに
とても心を痛めている姿を間近で見てしまったことがきっかけでした。

当時のにゃんだーガードは、今でも私の誇りです。
本当にたくさんの被災犬&猫を救出し、ご家族との再会の場面の立ち会いや
新しい家族の元へのお届けなど、貴重な体験をさせてもらいました。感謝しています。

ですが、現在のにゃんだーガードは、当時とはまったく別のものになりました。
代表や役員は同じ人たちですが、支援金が集まり、有名になり、初心を忘れて、
今ではお金のことばかり考えているように思われます。
ですから、私は、にゃんだーガードを離れました。

警戒区域内で保護した子の「飼い主探し」ポスターには、預かっていた期間の
飼育費用が書かれ、やっと自分の家族を見つけ出せた被災者さんも、
「会いたい」と申し出ることを躊躇われるそうです。
(預かっていた期間=探し続けた時間 が長いほど、費用は高額になります。)

ペット不可の仮設住宅に暮らす人から飼い犬を預かる際には有料です。
(金額を提示して支払わせるのに、「寄付」として処理します。)

人間が入れなくなった場所から救出されて来た猫たちは、
体はボロボロで病気にも罹っていますが、そういう子には高額な医療費がかかるため、
シェルターへの受入れを拒否しますので、
保護したボラさんが自宅へ連れ帰ったり、別の方に預かってもらったりしていますが、
にゃんだーガードからは療育費の援助なども一切ありません。
(受入れ拒否の理由は、受入れ枠がない との事です。)

最近はシェルター近隣の方から有料で猫を受入れているケースが目立ちます。
お金も入るし、重篤な病気や瀕死の子も少ないので、受入れるのです。
(受入れ枠はなかったはずですが・・・)

全国から集まる支援金は、2年以上も人間のいなくなった場所で
がんばって生きて保護されてやっと救ってもらえた命のためのもの
なのではないかと、私は思います。
受入れ数をオーバーしているからと病気や瀕死の救出されて来た子は拒否し、
近隣の猫を有料で受入れる。その矛盾に耐えられませんでした。

私は直接、「保護数が増えれば場所もお金もかかるから、病気の子は・・・」と、
安楽死なのか殺処分なのか詳細はわかりませんが、代表から話しをされました。
動物愛護を謳う人が、一方では「命を奪う」ことを平然と公言するのです。

あいまいな収支報告が古参ボラさん達から指摘され、
「どんぶり勘定のつじつま合わせをする」とみずから発表した代表。
現在、つじつま合わせ後の収支報告をHPから見ることができます。
「お金がない!」とずっと言い続けていたのに、突然、高額の余剰金が計上されました。

長くなってすみません。
「ボランティアは自己責任」 というのがにゃんだーガードのスタンスです。
ご自身の判断で、支援先を決めて頂ければと思います。

にゃんだーガードは有名ですが、他にもいくつかの団体さんや個人ボランティアさんが
まだまだ福島県で被災動物救助を、本来の目的を見失わずに続けています。
そういう方にも目を向けてくださるととてもうれしく思います。

質問した人からのコメント

2013/8/10 20:34:01

成功 にゃんだーの運営陣は信用できないことがよくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hanzaiiyaさん

2013/8/1011:20:38

使途不明金で追求されていた団体代表と役員が
ベテランのボランティアを一斉排除。

ベテランボラの1人がはったリンクが興味深かった。
犯罪歴のある人間はそういう傾向が一生続くだろ。
http://s.response.jp/article/2000/06/02/2518.html

faithinyoumeさん

2013/8/900:26:13

やめた方がいいでしょう。

収支報告を見てみれば分かると思います。
まともな団体に現預金以上の「前払金」とか「消耗品費」に800万とか、あり得ないでしょう。
動物に使ってる「飼育経費」「医療費」の少ない事……

ずっと支援してますが、ここにはお金を送るのは1年以上前にやめました。収支報告が一切出て来てなかったのでね。物資ももう送るのやめますよ。

nanntoka0311さん

2013/8/822:09:00

私の私見ですが、ここは止めたほうが良いかと思います。
まず建物が違法建築で危険性が指摘されていますが
その建物内にボランティアを宿泊させています。
屋外に違法建築の倉庫も建てているそうでひじょうに危険かと思います。
ボランティアは自己責任ですから、その危険性を顧みないというのであればと思います。

また、ここでは多額の使途不明金(ポルシェを買えるくらい)が発生しているようで
それを追求した支援者を出入り禁止にしたり、支援物資を粗末に扱ったり
支援金の明細を一切発表しないなど何に使っているのかわからない団体と思われます。
正直言って新興宗教の施設みたいなと言えばいいのでしょうか。

代表者にも人間的な問題があるようで、自分の気に入らない人間を出入り禁止にしたり
その一方で複数のボランティアを愛人にしているなんて噂もあります。
あくまでも噂なので、ご自分で確認をお願いします。

ボランティアはすべて自己責任です。 間違っても団体は責任をとりませんので
ボランティアに行かれる場合は十分な調査を行い
ご自分の目的に合った団体へ行かれることをお勧めします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。