ここから本文です

インテルってプレミアだったら降格争いするくらい戦力ひどくないですか?

kkk********さん

2013/8/1108:04:39

インテルってプレミアだったら降格争いするくらい戦力ひどくないですか?

今朝のマドリー戦では、ロナウドを除いて完全に控え組のマドリーにフルボッコされていました。

ギネス・インターナショナル・チャンピオンズ・カップでも、8チーム参加で7位。

<インテルのプレマッチ結果>
レアル・マドリー 3-0
ユヴェントス 1-1
バレンシア 4-0
チェルシー 2-0
ハンブルガーSV 1-1

閲覧数:
576
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

2013/8/1901:13:29

仰るとおり、もしインテルがプレミアだったら降格間違いなしです。
もっとも、インテル だ・け というよりも、むしろセリエAのクラブ 全・体 が 「八百長」 「人種差別」 「スタジアム内外での暴力行為」 の常習化・蔓延化により、「低レベル」 「観客スカスカ」 「モラルの欠片すら無し」 という惨状なので、他のクラブに目を向けても 「ユーベがプレミアだったらCL圏外間違いなし」 「ミランがブンデスだったらCL圏外間違いなし」 「ナポリがリーガだったらCLどころかEL圏外間違いなし」 と言えます。

しかしインテルの場合、現実のセリエですら2部落ちする可能性は十分なので、私はインテルのセリエB落ちを強く願っています。
元々は長友を応援する つ ・ い ・ で に、インテルも仕方なく応援して や ・ っ ・ て ・ い ・ た のですが、彼がこの落ちぶれた八百長リーグの八百長クラブで貧乏クジを引かされ続けているのに、忠誠心の高い彼の性格上、なかなかイタリア国外への移籍に踏み切ってくれないのが実状なので、もういっその事インテルにはBに落ちてもらい、長友が移籍せざるをえない状況になることを願って止みません。
今冬か来オフにでも欧州3大リーグの、それもCLに出られるクラブへと移籍してくれるのが理想なんですが。

リーガエスパニョーラの上位クラブ(2強以外)
プレミアリーグの上位クラブ(アーセナル以外)
ブンデスリーガの上位クラブ(2強以外)
あたりがよいですね。

リーガとブンデスの2強ではポジションを奪うのが難しく、アーセナルも(インテルほど酷くないけど)沈みかけの泥舟なので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ガジさん

2013/8/1210:11:15

現状の戦力は他ビッグクラブと比べれば確かに地味で頼りないものですが、今のインテルの状況を考えれば仕方のないこと。

イタリア国内の経済不況、FFP、CLに出れなかったここ2シーズン・・・これによりインテルが使えるお金はかなり限られたものになってる。欧州カップ戦に出れないだけで、出れるシーズンに比べて収入は100億円減が見込まれます。これはUEFAから分配される報奨金に加え、試合を行うごとに見込まれるチケット収入やグッズ販売などを考慮しての数値。CLに出れれば報奨金も跳ね上がります。ちなみに今シーズン、インテルが補強で使える予算は多くても30億円程度と言われている。そして今オフの補強でそのお金は全て使っています。支出を考えて年俸面も考慮しなくてはならないし、代わりに犠牲となる高給取りのベテラン選手や主力選手もいます(J・セーザル、マイコン、スナイデル、エトーなどなど)。昔は大金を使い補強しまくっていましたが、今それをやったら大変なことになるのがおわかりでしょうか。ただでさえ負債を抱えているのに。

そんな中、今オフに限っては昨シーズン同様、インテルのフロントはなかなかの仕事をしています。先ほど補強に使えるお金はすでにもう使ってしまったと書きましたが、ほとんどイカルディとベルフォディルという若手FW2人の獲得に費やしています。カンパニャーロ、アンドレオッリ、ラクサール、ロランド、カリッソなどは、契約解消後のフリー移籍やレンタルでの獲得を利用し、移籍金0で獲得しています。マッツァーリですら、ナポリとの契約解消後にフリーでインテルの監督に招聘させている。なかなかできることじゃありません。

以上のように、今は若返りとチームを再建している段階。それもかなり序盤の段階です。すでに完成されている常勝軍団レアルと比べるのがそもそも間違っているように思えます。

ただし、プレマッチでは結果よりも内容を重視すべき。レアルとの試合、質問者様はフルボッコと形容していますが、本当にそうだったでしょうか。個人的には、結果こそ3-0でしたが内容はそこまで悲観するものではなかったです。レアルと同じくらい決定機は作っていましたしね。フィニッシュの精度に差がありすぎましたが、90分間圧倒されていたわけでもありません。レアルは控え組が多かったとも思いますが、インテルはマッツァーリ好みのハードプレッシングを確立すべく今土台を作っている段階。就任後、現在に至るまで戦術練習はほとんどしておらず、基本は走り込みとフィジカルトレーニングばかりです。インテルのような昨シーズンまでベテラン重視の省エネサッカーをしていたチームが、そのように変わるとなれば、どれだけ移行が難しいかはわかるはず。バレンシアとの試合では、チェルシー戦翌日からバレンシア戦前日まで同様のトレーニングで体を苛めています。コンディションが整うわけありません。結果もそれに反映されたものですしね。そしてユーヴェ戦までは完全にオフで体を休ませることを重視。この結果ユーヴェ戦ではあれだけの好パフォーマンスを見せることができました。これについては、マッツァーリ監督を始め、モラッティ会長も言及しています。苦しい言い訳に聞こえるかもしれませんが、内訳を話すとこんな感じです。

先行きが不安だと思われがちなインテルですが、実は将来は意外と明るかったりもします。ニュースで見たことがあると思いますが、現在インテルはインドネシアの大富豪、エリック・トヒル氏とのクラブ株売買の交渉の真っ最中。内訳を書くと長くなるので省きますが、簡単にいうとインテルのバックに大富豪オーナーがここ数年の内に就くということ。この交渉がまとまれば、インテルは新スタジアムの建設を本格的に着工すると予想されています。PSGやマンCのように、お金持ちになった途端に大型補強をしチームを強化するのもいいかもしれませんが、良くも悪くもオーナー次第のクラブ経営になってしまう。マラガやアンジのように悲惨な末路に陥る可能性もあるわけです。

そこで新スタジアムの建設。
知っての通り、イタリアでは現在自前のスタジアムを所有しているのはユヴェントスのみです。他のクラブは市からスタジアムを借りている状況が続いています。これにより、クラブはスタジアム使用に伴う収入の約50%を市にレンタル料として支払っています。ところが、自前の新スタジアムをインテルが建設すれば、市に払うお金がなくなり、収入をそのままクラブの利益とできます。つまり、単純に2倍以上の利益が見込めるわけです。建設に伴い、トヒル氏の資金は必要不可欠となるわけですが、立ててしまいさえすれば、その後は安定した利益が見込まれます。実際ユヴェントスは新スタジアム建設後に収入が2倍以上に膨れ上がり、安定した収入を確保、選手補強の面でも積極的に動けるようになりました。

まとめると、今後スタジアムが完成するまでは苦しいシーズンを繰り返す可能性が高い。例え近いうちにトヒル氏がオーナーに就任し大金を使えるようになっても、しばらくはスタジアム建設に資金を使うことになる。しかし、スタジアムが完成し収入が大幅にUP+トヒル氏の資金があれば、その後は莫大な資金力をもつクラブになるかもしれない。

マリオさん

2013/8/1121:00:09

近年インテルは低迷してますよね。絶対的ストライカーがいないんで。
フォルランはエトーの代わりのように入って期待しましたが、怪我で全然試合に出ていませんでしたしね。
インテルにはエトーを失ったのが低迷に繋がったんじゃないかなと思います。
エトーは3冠に貢献しました。
クラブ杯にも優勝の原動力に!
そんなエトーがアンジから戻ってくるかもしれません。検討するとの事。インテルのエトーが見たいものです!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる