ここから本文です

走ると脛(すね)が痛みます。ふくらはぎはほとんど痛くないのに、筋肉痛(?)に...

アバター

ID非公開さん

2013/8/1110:50:51

走ると脛(すね)が痛みます。ふくらはぎはほとんど痛くないのに、筋肉痛(?)になるのは脛からです。
運動不足なのもありますが、やっぱりこれって歩き方や走り方が変なのでしょうか?
どんな歩き方・走り方が

良いのでしょうか?

補足>つま先を上げる筋肉~
それです!
「つま先を使ってない、かかとから着いてない」と以前指摘され、
意識して歩いてるものの、つま先をどう使えば自然に歩けるか未だにわかりません

始まりは今より10kg重く、授業で3km程のマラソンを約1ヶ月・週2、3回してた時。
脛が凄く痛くて走れないのに、誰にも理解されず。
湿布は効果なし、肥満が原因と思い、恥ずかしくて病院も行けず。
でも痩せても痛むので悩んでました
ありがとうございます

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
117,485
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ishikari_styleさん

リクエストマッチ

編集あり2013/8/1415:13:11

変な所は無いと思います。
つま先を上げる筋肉が他の部分より弱いので、筋肉疲労から痛みを感じるだけと思います。
本格的なスポーツ始めて日が浅い人では、よくある事です。^^

一般的な事例ですが。
舗装された平らな道を歩く事が多い都会生活では、躓く事が少ないので、つま先を持上げる筋肉の発達が不足します。
そのため過度の運動を行うと、弱いところ(脛)から疲労症状が出てきて、つま先が上がり難く、躓く事が増えます。
転ばない程度の極軽い躓きでも、路面との軽い接触は大きく減速するので、テンポが乱されとても不快に感じられます。
人はこれを避けるため無意識に更につま先を持上げようとするので、脛の疲労はピークに達し痛みとして現れます。

回数を重ねると強化され痛みは少なくなって行きます。
運動後はぬるま湯などに浸かり、心臓より遠い方から近いほうへゆっくりマッサージしてください。
痛みが激しい時は冷やし、数日は休ませてください。
カリウムやナトリウム等が不足すると、筋肉疲労や痙攣を起こしやすくなります。
ミネラルの補給は確り行ってください。

----------------------------------

何事もそうですが、意識し過ぎると不自然な動きとなって、ますます上手くいかなくなります。^^;

極簡単なテストを一つ。
立ち止まった状態で両手に重り(100g~200g、缶コーヒー程度)を持って、歩く要領で左右交互に振ります。
ちょっとオーバーかな?程度に振って、勢いが付いた時点で歩きだします。
その際つま先や踵などの使い方は無視して、テンポよく歩く事だけに集中してください。

そのまま徐々に速度を上げ、何時ものペースで走ってみましょう。
何時もより軽快に走れ(歩く)ませんか?
これは重りを用いる事で腕が大きく振れて、自然に理想的な体重移動ができ、結果的につま先や踵が上手く使えている状態なんです。

仮にこの方法で上手くいきそうならば、原因は何らかの理由からフォームがコンパクトに成り過ぎて、体重移動が上手く出来ていなかったという事になります。
ならば修正は簡単で、腕を振る事を意識(実際に振らずとも意識するだけで修正されます。)してください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bladest1972さん

2013/8/1119:22:58

距離のばしたりペースをあげればよくおきます。
慣れれば痛みひくんですけど。強くほぐすのと冷やすのは治療的にあまりよくないそうです。

軽く時間かけて揉んむくらいで湿布貼って休まして下さい。
次の日も痛みあるなら走るのは休んで。

omanko_danceさん

リクエストマッチ

2013/8/1113:59:17

過労気味ではありませんか。
湿布を貼って休みましょう。
無理せずに続けてください。。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。