ここから本文です

猫のダイエットについて質問です。5歳オス猫去勢済みのうちの子は7,6キロあります(...

rikopon1012さん

2013/8/1412:25:42

猫のダイエットについて質問です。5歳オス猫去勢済みのうちの子は7,6キロあります(>_<)半年以上まえからサイエンスダイエットのライトのドライフードとウェットフードを朝20g昼20g晩ウェットフードというあげ方をして

いましたが体重はあまり変わりませんでした。

病院の先生にももっと量を減らせと言われ20gから15gにしましたが栄養失調などならないか心配でどうしたらいいのかわからない状態です。それからサイエンスダイエットのライトは穀物がたくさんはいってるので逆に太ると教えていただき思いきって餌をかえてみようと思うのですが体に良いメーカーなどありましたら教えて下さい。個人的にはドイツ製品が気になってます。

それと、同じ種類(メーカー)ばかりあげ続けると栄養が偏るともきいたのでメーカーを組み合わせたいのですが良い組み合わせなど知ってる方おられたら教えて下さい。

それから今は一日3回に分けてあげているのですがダイエットにはもっと回数を増やした方が良いという意見と回数を増やしすぎるとオシッコがアルカリ性?に偏り尿路の病気になりやすいという意見もあり何回くらいあげるかでも迷っています。

詳しい方、ダイエット成功者さん教えて下さい。お願いします(;o;)

補足とても詳しくありがとうございます。
血液検査はこないだしたのですが特に何も異常なしでした!
ドイツ製品なら規制が厳しいから良いときき何でも試してみたかったのですが、その分保存も難しいんですね。ちなみにアニモンダなどが気になっていました。
あと「減量時にフー ドは混ぜないで 」とおっしゃられたのは違うメーカー同士のことですか?それとも今あげてるようにドライとウェットを組み合わせることですか?

閲覧数:
1,309
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/8/1513:43:18

こんにちは。

猫のダイエット、難しいですね。
病院で減量を勧められたのなら、ちゃんとした療法食は試してみましたか?
ヒルズなら「r/d」、「m/d」、「メタボリックス」、ロイカナなら「満腹感サポート」や「減量サポート」などです。

療法食を3か月~半年程度続けて痩せない場合、どのメーカーの療法食を試しても痩せない可能性が高いですが、減量に1年以上かかる事も少なくありません。
フードの種類や食事の回数の前に、血液検査で中性脂肪とコレステロールの値を検査してみて下さい。
中性脂肪とコレステロールのどちらか、もしくは両方の値が高ければ脂質代謝異常(高脂血症)の疑いがあります。
最終的にはLipoテストという検査で分かりますが、脂質代謝異常であれば投薬と食事療法を並行してやっていく方法もあります。

また、太る原因も猫によって違います。
・炭水化物が多いフードによって太る。
・脂質やカロリーの高いフードで太る。
・腸内環境の代謝吸収能力が低いから太る。
・脂質を抑え過ぎる事で逆にため込もうとして太る。
どのパターンに当てはまるかによりフードのチョイスも変わるでしょう。

サイエンスダイエットライトは療法食ではないので、まずはちゃんとした療法食で試し、念のために血液検査をしてみて下さい。
アズミラのようなナチュラルフードにサプリメントを併用するのか、穀物フリーのフードにするのか。。。これらの検討は療法食を試した後で十分だと思います。
どのフードにも言える事ですが、理想体重から1日の量を決めますので、くれぐれも1回の量は守って下さいね。
獣医さんの言うように、「痩せないからもっと減らす」のは大間違いです。
逆効果ですね。。。栄養が少なすぎることで逆に体内に溜めこもうとしたり、必要最低限のミネラルやアミノ酸が摂取できなければ機能が低下する臓器もあり体調を崩す原因にもなりかねませんから。

あと、回数は3回でいいですし、フードは混ぜないで下さいね。
減量時に混ぜるのはフードの成分バランスが崩れるので全く意味がありません。
あと、一番重要なのは「お水」を沢山飲ませる工夫をする事も減量に大きく関係してきます。器を置く高さや場所、器の大きさ、お水の温度などです。

もう1点、ドイツ製品という事は「ザナベレ」ですか?
良質な原材料を使用しており製品自体はいいのですが、この暑い時期はNGです。
ザナベレは品質管理がシビアですので、温度や湿度が高い季節には向いてません。

猫さんの場合、療法食で痩せない子も多いですが、とりあえず療法食を試してみる価値はあると思います。

ご参考までに。

☆補足☆

血液検査はされていたのですね。
中性脂肪やコレステロールが基準値内なら比較的ダイエットは成功しやすいかもしれません^^
脂質代謝異常でなければ療法食以外のフードでも成分次第では痩せると思います。

アニモンダはいいですね^^
インテグラダイエットはウェットしか無かったように記憶しますので、ドライは他社になると思います。(違ったらスミマセン。。。)
ドイツのメーカーでもボッシュのザナベレ以外は品質管理に神経質になる必要はないのでアニモンダは問題ないです。
ただし、アニモンダのラフィーネドライの成分の1番最初が「シリアル」となっているのが気になりますが。。。(使ったことがないのでどんな感じかはわかりません。)

フードを混ぜないというのは、ドライフードの他社メーカー同士という意味です。
言葉のチョイスが適切ではなかったですね。。。スミマセン。
2社のドライフードを併用せず、なるべく1種類のフードで試さないと効果が分からないですし、成分比率がバラバラになってしまいますからね。
ウェットとドライの併用はOKです。

他のご質問を拝見しました。
フードに対する考え方は様々ですが、安全なフードというのは難しいですね。
原材料をヒューマンレベルにしたナチュラルフードと言われるものもありますが、基本的には加工品ですからね。
人間にとって最適な食材が猫にとっても最適と言い切れる根拠がイマイチ納得がいかないのですが、ヒルズやロイカナよりも上質なフードは沢山あります。

例えば、同じナチュラルフードでも「カントリーロード」と「フリントリバーランチ」を比べると、考え方が全く違うように思えます。
カントリーロードは蛋白質や脂肪の量やバランスもそこそこで、代謝エネルギーなど高すぎず低すぎずですが、フリントリバーランチは高蛋白で高脂肪、代謝エネルギーも400以上あります。
基本的に猫は炭水化物の代謝吸収能力が低い(苦手)ので、それにより太る子も多いでしょうから、フリントのように蛋白質と脂肪を多く含み炭水化物を抑える事で引き締まった身体を作るという考えもありますが、給仕量がシビアになると思います。
カロリー計算をして体重の増減に合わせて給仕量をコントロール。。。難しいです。

また、ナチュラルフードに変えてからストルバイト結石になる子も見かけますので、ある程度勉強しながら与えないとダメでしょう。
突き詰めるとアミノ酸やビタミン・ミネラル等も関係しますし、いくら原材料が良くても結石が出来たり太ったりするなら安全なフードとは言えないかも。
何を基準に「安全」とするかですね。

粗悪な材料を使用した低価格のフードは論外ですし、着色料や添加物は含まない方が良いですが、保存料については届いてからの品質管理なども考えると。。。どうなんでしょうね。
実際、手元に届いた時点で袋に穴があいている事もあります。(海外製品に多いので、届いたら袋の確認を忘れずに。)
まずは一般的な減量用療法食か、もしくは出来る限り上質な素材を使用して炭水化物が多くなりすぎない一般食(高カロリーはNGです)でチャレンジされてはいかがでしょうか。

ダイエット、成功しますように☆

質問した人からのコメント

2013/8/20 21:08:53

抱きしめる お礼コメント遅くなってすみませんm(__)mとても詳しくありがとうございます。実はfun_fun_designさんがお勧めしてくれた療法食を早速開始したんです。体重をこまめに計りながら理想体重を目指したいと思います。ナチュラルフードはダイエットが成功してから始めようと思います。またわからないことがあれば質問させてください!本当にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。