ここから本文です

宗教って何?

spinning1010さん

2013/8/1500:16:57

宗教って何?

閲覧数:
396
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kapacinkaさん

2013/8/1500:20:40

世界観
生き方
人間・自然を越えたものを信じる

宗教の特徴。

占いは、これら全ての条件を満たすので宗教の一種。

スピリチュアル
オカルト
呪術

宗教と似ているもの。オカルトの中には宗教的な要素を含まないものもある。
例:宇宙人

質問した人からのコメント

2013/8/16 06:04:09

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syukuen01さん

2013/8/1518:34:32

死んだ後の事を、救ってくれるのが宗教です。そして来世が救われたら、現世の生き方も良い方に示して繰れます!

akazunoma23さん

2013/8/1508:37:36

人間がよりよく生き、社会を平和的に形成するための「一手段」
価値観、希望、絶望からの脱却など、様々な意味がある
なので、決して、「手段」から「目的」になってはいけないもの
「人間がよりよく生き、社会を平和的に形成するため」というのがずっと目的のままならば、いかなる手段が生まれようと、複数の手段があろうと問題ないが、たいていの権力が腐敗してしまうように、たびたび、手段の先導者が手段それ自体を目的化してしまう
この世のほとんどの人間は、「人間がよりよく生き、社会を平和的に形成する」ことが自分の安全、成長を助け、自らの人生の助けになることを、なんとなくでも理解し、そのためにいろんな手段を用い、他人がどういう手段を用いようがそれほど気にしない
だが、権力者となった「手段の先導者」はおうおうにして、手段を目的化し、他人全てにそれを強要する
民主主義、共産主義、軍国主義なども、第一の目的は「人間がよりよく生き、社会を平和的に形成するため
」だったはずだが、手段の先導者が、その主義の形成、維持を目的化してしまうことがあり、その場合悲惨なことになる
つきつめれば、宗教、無神論、民主主義、共産主義などは、「人間がよりよく生き、社会を平和的に形成するため」に生まれたその人個人、集団の選んだ手段という点では全く同じものである
本来なら、「宗教を信じたほうがお互い決定的不和にならないならあなたは信じたい宗教を信じればいい」「私は神を信じないけど、それで他人と決定的不和にならない」となるべきだが、手段が目的化してしまうと、「平和的に暮らしたいが、同じ宗教を信じないなら争う」「これだから宗教は信じられない」となる

よって、大事なことなので繰り返すが、宗教は人間がよりよく生き、社会を平和的に形成するための一手段

wonder_mensさん

2013/8/1502:35:26

>創価学会元大物幹部です

他の宗教は、わかりませんが少なくとも「創価学会=ビジネス」です

2013/8/1502:27:34

より良く生きるための、道しるべです。

mokuhyou23さん

2013/8/1500:40:37

宗とする教えです。

人間は、生きている間に多くの選択肢がありますが、その選択肢を決めるのが宗教です。

大昔では、占いで決めたこともあります。科学の進んだ現代でも、科学だけで答えが出ないものはすべてその人間の宗教で決めます。

宗教が無いという人間は普通はいません。これがないなら、善悪の判断はありません。何も決めずに生きる。廃人のような生活を送ることが無宗教かと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。