ここから本文です

罰則と刑罰の違い、用語としての使い方について

nom********さん

2013/8/1508:12:20

罰則と刑罰の違い、用語としての使い方について

株式会社の取締役が何らかの違法行為をした場合
その行為の内容によっては、特別背任罪(会社法960条)、
業務上横領罪(刑法253条)
等の○○が適用される可能性もある。

として○○にしっくりくる言葉を探しているのですか、
罰則か刑罰かで悩んでいます。

罰則が大きいカテゴリで刑罰はその中にある小カテゴリ
(他の小カテゴリは行政罰)という認識でいまして、
両方の罪をひっくるめて表現するなら罰則かな?とと思うのですが、
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら
ご回答よろしくお願いします。

補足皆様ご回答ありがとうございました!
おかげさまで理解が深まった気がします。
すべて参考にさせていただきますので
ベストアンサーは投票にしたいと思います。

閲覧数:
359
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2013/8/1510:07:50

罰則はルールですから『適用』されます。
その結果として『刑罰』が『科され』ます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

赤泊 圭さん

2013/8/1510:03:18

罪名のみを列挙しているんだから、罰則でも刑罰でもなく、「罪」です。
特別背任罪や業務上横領罪等の罪を犯した者が、どうやって罪を
償うかは別の話。

なお、罰則は、違反行為に対する刑罰または過料を科する旨を定めて
いる規定を指し、刑罰は、具体的に「○年以下の懲役」や「○円以下の
罰金」のような罰の詳細を指す。こちらは「罪を償う話」です。

ore********さん

2013/8/1509:50:50

罰則でしょう。
罰には、刑事罰と行政罰があります。
あなたの例示した罰は、刑事罰であり、行政罰は含まれていません。

sup********さん

編集あり2013/8/1508:31:47

「罰則」だと思います。

「罰則」か「刑罰」を定めた法令の規定のことであり、「刑罰」は具体的な刑の内容を指します。
そして、ある行為に適用されるのは具体的な刑ではなく、それを定めた法令の規定だからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる