ここから本文です

反応熱=生成物の生成熱(結合エネルギー)総和-反応物の生成熱(結合エネルギー)の...

mus********さん

2013/8/2210:17:43

反応熱=生成物の生成熱(結合エネルギー)総和-反応物の生成熱(結合エネルギー)の総和とありますが

生成熱を求めるときはエネルギーの総和を熱化学方程式の左式から右式をひく
他の燃焼熱や

結合エネルギーを求める時は右式から左式をひく
という認識でいいんですか??

説明がへたですみません!><

閲覧数:
1,176
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2013/8/2510:40:18

熱化学では、例えば水(液)の蒸発熱をあらわしなさい、と言われたとき
H2O(液)=H2O(気) - 45kJ
となりますよね。 このとき 「蒸発熱」は「-45kJ」ではなくて、絶対値を使った「45kJ」が正しい。


このように「○○熱」といったとき、「-」をつけないといけないとき、つけてはダメなとき、
わかりにくい。

質問主さんの「反応熱=・・・・」の式は、熱化学がすごく得意な人でないと使いこなせないものです。
使いこなすには、「熱の符号」「エネルギーの順位」が定着していないといけません
確かに計算は早くなりますが、正確性が高くないのです。


熱を求めるときは、「エネルギー図を描く」か「消去法」で、というようにしたほうがいいです。
反応熱=・・・・ のこの式は忘れてしまっていいですよ

センターにはまぁ使えるけれど、それをこえると使い物になりません

質問した人からのコメント

2013/8/27 23:14:14

抱きしめる そうします!ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる