ここから本文です

「お前」の言葉についてです。

h2o********さん

2013/8/2418:41:27

「お前」の言葉についてです。

これは、名前の分からない人を
自分から前にいたので、「お前」と呼ぶようになった
と聞いたのですが本来の由来は何なんですか?

また、この言葉を丁寧に言うと、「御前方」や「御前様」ですか?

回答宜しくお願いします。

閲覧数:
140
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2013/8/2419:44:58

もともと「お前」は「御前(おんまえ)」であり、神仏や貴人の前という意味でした。例えば「お呼びにより、御前にまかり出でました」のようにです。これが、のちに貴人を敬う気持ちから直接さすことを避け、間接的にさす 代名詞 となった言葉です。ただ、江戸時代初期までは高い敬意を表す言葉でしたが一般化するに従って敬意が薄れてきて、「お前様」と「様」をつけて敬意を表すようになり、さらに明治になると貴様と同じく同等や目下に使う言葉になりました。「お前方」は、あまり聞いたことがありません。「お手前方」ならありますが、これは自分の前にいる者共という意味であり、同輩や目下に対して、やや丁寧に呼びかける言葉です。「お前方」という言葉があったとしたら同様の表現になるでしょう。

質問した人からのコメント

2013/8/26 23:59:58

成功 やはり、そういう意味なんでしたね。

以前まではあまり良い言葉では無いと感じていましたが
由来や語原を知ると、言葉の見方も変わるものですね...。

回答ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる