ここから本文です

アマチュア無線機のマイクインピーダンスについて

vvv********さん

2013/8/2421:09:41

アマチュア無線機のマイクインピーダンスについて

最近、YAESUのスタンドマイクを入手しましたが、(MD-100)500Ωだったようです。たぶん初期型。
FT-450のカタログには600Ωと出ていまして、その差100Ωが気になります。

無線機の取扱説明書には、200~10KΩ可と記載がありましたので問題なく使えると思いますが、
仮に200Ωと10KΩとマイクのインピーダンスが違えば、FMやSSBでどのような違いが出るでしょうか?
マイクゲインが深くなったり、浅くなったり?

初心者な質問ですが、バカにせず、OM諸氏のやさしく適切なアドバイスに期待します。

よろしくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,285
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kog********さん

リクエストマッチ

2013/8/2423:56:35

無知に分かるように教えられる回答できる人は
アマチュア無線の本が書けるよ。
それほど難しいことなんだ。
無知に教えるってことは。

基礎的な知識もないのに専門用語出して知ったかぶりしたがる人多い。
みっともない。

MD-100の名板に500Ωと明記してあり
カタログデータでは600Ωと明記されていた。
この数字のズレは実用上問題があるか…
という質問なら
問題ありません。となる。
カタログにあるインピダンスの許容範囲の上限下限で運用した場合は
変調が倍くらい違う可能性があります。
深い変調をお望みなら低いΩで運用するべきです。

ダイナミック型はもともと大声でしゃべる人向けです。
コンデンサ型は指向性があり小さい声でしゃべっても
アンプ入れて深くできるスタイルを望む人向けと思ってください。

質問した人からのコメント

2013/8/25 06:54:17

適切なご説明、ありがとうございました。良く理解できました。感謝します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる