ここから本文です

メガネについて。 眼鏡店って沢山ありますがどこがいいのでしょうか? 一応候補...

wan********さん

2013/8/2518:14:12

メガネについて。

眼鏡店って沢山ありますがどこがいいのでしょうか? 一応候補としては、眼鏡市場 JINS zofe アルク タナカ 21
などを考えていますが 予算は2万円までです。

JIN

S、zofe アルクは3プライスですが約5000円からと かなり安価ですよね、眼鏡市場も3プライスですが15000円からとなっており、約三倍の価格からになっています。

この違いは品質の違いと考えてよいのでしょうか? ぶっちやけ、同じ品質なら安い方がいいですし、 品質が良ければ少々高くても予算内ならと考えております。

お詳しい方宜しくお願いします。

閲覧数:
377,631
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

編集あり2013/8/2521:40:27

候補の中では、タナカと眼鏡市場がいいと思います。

メガネというのは、原価はとても安く、利益率が高いものです。
5,000円の製品であれば、フレームは中国製で500円。
レンズはさすがにHOYAやNikonのものを使いますが、それにしても2枚で500円くらい。
それに組み立てなどのもろもろを含めて、店頭に並ぶ時点で原価は1,200円くらいです。

一方、メガネってそんなにしょっちゅう買い換えるものではありませんよね。
自分に合った、気に入ったものなら、何年も使い続けるのが普通です。
また、メガネはただフレームにレンズが付いていればいいというものではありません。
たとえば、かけたとき黒目がレンズの中心にくるよう調整しないと、いくら度が合っていても目が疲れたり痛くなったりします。
そうした調整にかかる技術料と、あと「そんなに数が売れるものではない」ところから売り値が1万円や1万5千円になるのです。

このことを逆手に取って、値段を下げて数を売ることで利益を出しているのがJINSやzofe。
こういうディスカウント店は、細かい調整を省くことで販売にかかる手間や時間、さらに人員(技術を持った職人さん)を減らし、販売コストを下げることで利益を上げているわけです。
しかし、視力を測定して度が合ったレンズを作り、それをお客さんが選んだフレームにはめ込んで終わりというのは、メガネ屋としてどうかと思います。
タナカと眼鏡市場は、大手チェーンの中では細かな調整に応じてくれるほうですし、アフターケアもそれなりにしっかりしています。

もっとも、JINSやzofeの製品でも細かな調整が不要なくらい目に合っていればそれでいいわけで、それぞれの店で気に入ったフレームを実際にかけてみて、鏡を見たりして決めるのが一番いいと思います。
※「黒目がレンズの中心にくる」←このことはお忘れなきよう。

質問した人からのコメント

2013/8/27 07:38:13

抱きしめる 原価ってかなり安いのですね、びっくりです。

とりあえず今回は眼鏡市場に行って来ます、皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qx_********さん

2013/8/2617:17:05

二つ前の回答者さんの説明に補足します

JINSのメガネは仕入れ原価でフレーム150円
レンズで一組200円
製造原価で50円未満と言われています

当然今までも5000円のメガネはありましたが
仕入れ500円のものから2000円のものまで
ありました

在庫ストックがなくなった際の売りつくしなど
当面の資本確保等で
値引きはあったので
質自体は良いものもあったんです

ですが、今の格安店は素材から昔のもの違って
修理できない、調整出来ないなどという
使い捨て目的の販売が基本となっています

レンズもまた、日々進化しています
日本の10年20年前の技術が発展途上国に流れて
そこから格安店は引っ張ってきていますので
高級店のレンズと天と地ほどの差が出ています

例で言えば、コーティング技術、歪み補正、耐久力など

もちろん、どこまで品質を求めるかにもよりますが
レンズの仕入れで5万超えるものは普通にありますし
フレームも均一店や格安店と比較にならないほど
性能の高いものがあります
カーボンやバッファローホーン、レザー、ウッド、ストーンまで
大量生産では決して作れない
とても軽量でバランスの優れたもの、
アイウェアデザイナーが計算し尽くして
設計されたものが良いものと言えます

金型に液体化した素材を流し込んでプラモデルのように
作り上げる格安店のフレームは
品質の良くない、ゴミとも言いたくなります

それ以上に店員の技術です
それらのフレーム特性、レンズ特性も把握せず
どんなメガネも均一である方がおかしいと言えます

つまり、均一店は最大仕入れ価格の利益計算の元
価格を出しているということになります
良いもの、普通のもの、もっと安く買えるもの・・と
鑑定する目がなければ損をしてしまいます

ということで、いいメガネ屋は
信用が出来る店、技術がちゃんとしている店、高いものも安いものも扱っていて
何がどう違うか説明出来て、
無駄な(必要のない性能の)ものを無理くり勧めて来ないお店です

薄型レンズで十分な人に最薄のレンズにしないとヤバイよ?と
脅して来ないお店が良いでしょう

格安店のメガネはゴミと言って良いですが
均一店は妥当~高いと言って良いです

ちなみに均一店の仕入れ原価は
レンズフレーム含めて5000円までが目安です

sal********さん

2013/8/2521:17:47

私的には、眼鏡市場さんをおすすめしたいです。詳細は眼鏡市場 http://www.meganeichiba.jp/をご参照ください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる