ここから本文です

xcodeエスケープシーケンスが反映されない

nek********さん

2013/8/2701:44:16

xcodeエスケープシーケンスが反映されない

C言語の勉強を最近始めました。
エスケープシーケンス¥nや¥tを書いてコンパイルしても正しく反映されず、¥nや¥tがそのまま残る結果となってしまいます。
環境はXcode4.6.3 Mac OS Xです。助けて下さいお願いします。

閲覧数:
1,642
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fat********さん

2013/8/2705:20:57

エスケープシーケンスは、「バックスラッシュ」を使いますが、日本語のキーボードには元々「バックスラッシュ」が有りません。しかし、これは¥と「バックスラッシュ」が同等のコードである訳では決して有りません。

Mac OS X では、option+¥を押す事で「バックスラッシュ」が表示できます。

これは、ASCIIのバックスラッシュ (0x5C, 5/12) はJIS X 0201では円記号であるため、日本のコンピュータや日本語のフォント・OS環境ではバックスラッシュが円記号として表示されるものが多いのです。

JIS配列のキーボードでも通常はバックスラッシュがなく円記号が刻印されています。PC/AT互換機のJIS配列(OADG 109/109A配列)キーボードでは、バックスラッシュと円記号が両方とも(別々のキーに)刻印されていますが、どちらを押しても円記号が入力されるだけです。

これは日本IBMのキーボードの刻印に由来するもので、メインフレームの端末として設計された時代の名残であり、今日の一般的なPC環境で円記号とバックスラッシュが共存できることを意味しているわけではありません。

プログラムなどでバックスラッシュを入力する箇所において、日本語環境ではスクリーン上に円記号が表示されるが、多くの場合は円記号をバックスラッシュと同じ処理が可能な文字とする認識が行われます。Windows マシン等がそうです。

Mac OS では、バージョン 7.1〜9.x で主流だった日本語文字コード MacJapanese において、0x5C に円記号が、0x80 にバックスラッシュ記号がそれぞれ別々のコードポイントに存在しています。

こういった混乱を避ける為にも、Mac OS X では、XCode では、バックスラッシュを明確に分離する為に、option+¥を押す事で「バックスラッシュ」が画面に表示され、内部コードとしてもASCIIのバックスラッシュ (0x5C, 5/12) がテキストファイルに書込まれます。

質問した人からのコメント

2013/8/27 12:35:04

背景までご丁寧にどうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

har********さん

2013/8/2707:23:16

回答はすでに付いていますが、おまけのアドバイスをさせてもらいます。
プログラミングをするなら、とくにC言語系のプログラミングをするなら、USキーボードを使うのが、効率よくなります。バックスラッシュの入力も一発ですし、カッコ類の配置も、わかりやすい位置にあります。

xia********さん

2013/8/2702:14:57

¥ じゃ無く \ option キーを押しながら ¥ です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる