ここから本文です

赤字再建団体予備軍在住?

I LOVE 福岡さん

2007/4/1216:23:27

赤字再建団体予備軍在住?

今この日本の地方自治体の大半は、赤字再建団体予備軍といわれていますが、

もし仮に、すべての自治体が、赤字再建団体申請?をしたら、日本は、どうなるのですか?

僕の住んでいる自治体も、後、数年(2~4年)と言われているもので.....

デメリットばかりだと思いますが、メリットはあるのですか?

初歩的な質問で申し訳ないですが、ご意見お願いします。

閲覧数:
3,062
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zero21keiさん

編集あり2007/4/1219:21:23

財政再建団体制度は再建法(地方財政再建促進特別措置法)と言う法律に定められた自治体の財政再建手続きです。またこの法律は地方自治体を救済する目的でつくられているので、「すべての自治体が赤字再建団体申請→日本破綻」のようなシナリオは制度の趣旨に反します。(まあ、当然ですが。。。)

財政再建団体制度を簡単に説明すると、地方自治体から財政再建団体になると、まず国の監督のもと、「財政再建計画」というものをつくります。この財政再建計画はおおよそ7年程度で歳入と支出のバランスが改善するように計画します。そして、手続きに従い、自治体の財政が健全になれば再建手続きが完了し、もとの自治体にもどります。


メリットは自治体の財政が良くなる事です。それ以外のメリットはないと思って構いません。

逆にデメリットは沢山あります。まず、財政再建団体となると実質てきな自治権を失うことでしょう。つまり自主的な地方自治が出来なます。
また、行政サービスの低下や、公共施設の統廃合や利用料の値上げ、住民税などの地方税の増税など、市民への負担が増えることも考えられます。

質問した人からのコメント

2007/4/16 16:19:57

降参 ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hin********さん

編集あり2007/4/1217:12:27

各地方自治体は国からの交付金が削減されつつあり、それに伴い人件費の削減や補助金の見直しをしていますが、福祉関係で高齢化に伴う自然増があり、当分は厳しいと思います。
メリットですが、今までは親方日の丸で何でも貰いどくがこのような結果となったのですから、
自分たち(地方自治体)のことは自分たちでという独立心が出て、国の意向に沿った画一的な政策ではなく独自の政策によって特徴のある自治体が生まれることです。

みうらさん

2007/4/1216:25:10

どうにもなりません・・・

まあ、自治体破産制度を創設すると言うので、地方債が紙くずになりますが・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる