ここから本文です

a_last_standさん変なことを回答されています。 なので一応、聞きますが・・・(...

yai********さん

2013/9/602:14:27

a_last_standさん変なことを回答されています。

なので一応、聞きますが・・・('・_・` )

>>細かい知識は全部置いといて、
>>もっとも重要なことだけを述べます。

まず私は細かいことが知りたい方です。

そして・・・下記の貴方の書く「もっとも重要なこと」は
「重要」では無く「間違い」を書いています。

>>織田家は、最下級にいたるまで全員が一人残らず戦争に特化した
>>専門集団だということです。すなわち、兵農分離していたのです。
>>一方、武田家をはじめ当時の日本では織田家以外のすべての
>>戦国大名は、指揮官クラスの武士を除く下級兵士は、
>>基本的にすべて農民なのです。

「最下級」と云うことで、それは「足軽、雑兵」などを指すと思いますが
「応仁の乱」の時代から居り「骨川道賢」などなど
お調べください。

その頃から「戦争に特化した専門集団」は居り
「細川家、六角家」などに雇われたり「家臣、被官」となっています。

また「武田家」なども「足軽衆」など呼ばれる者たちが居り
彼らは「武士=戦闘集団」です。

>>つまり、兵農一致です。

また「織田家」では「人譜(扶)令」などを史料として残しており
「百姓、農民」も戦に駆り出しています。

あなたは、この部分でも間違いを書いています。

>> 後者のメリットは、何といっても人件費が安くて済むことです。
>>むろん欠点もあって、それは農閑期にしか戦争に駆り出せないということ。
>>なぜなら、農繁期に自宅(農家)に帰り農作物の栽培や収穫ができなければ、
>>下手をすれば一国まるごと餓死の運命が待っているから。
>>信玄と謙信が川中島で何度も戦ったにも関わらずついに
>>勝負がつかなかったのもそのためです。

「川中島の戦い」の半数以上は「農繁期」に行われています。
また「農民」を返したなどの「史料」はありません。

>>他方、織田家においては、足軽にいたるまで兵士全員が戦争の専門家です。

上記で書きましたとおり「人譜令」を出しており
「百姓、農民」を駆り出しています。

>>その他の戦国大名の軍がすべて「寄せ集め」にすぎず、

次に下記は「武田家の軍法」の1文です。
その上で質問です。

第七、魚行役の被官のうち物持ちとか武勇の人を除いて
百姓・職人・神主・幼弱の者などをつれて参陣するのは、もってのほかである。

「武田家」がむしろ「戦」への「百姓」同行をを禁止しています。

これについてどう思われますか?

>>のちに秀吉が兵農分離政策を全国的に進めますが、

「秀吉」も「百姓、農民」は戦時には
「小田原の戦い」などなど借り出していますよ?

「?」について解答ください

補足a_last_standさ~ん!(^0^

答えられませんか~?矛盾や史実と違うことを書かれていませんか~?
鹿を馬と言いだす「馬鹿」になってやしませんか?(´・_・`)

この質問は、a_l********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
196
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yai********さん

2013/9/902:47:03

a_last_stand さんは間違いを回答した挙句に

最後まで自身の書いた「矛盾、間違い」などに向き合わずに
答えられませんでした・・・。

少しは自身の間違いや矛盾に気が突いていただければ
良いのですが・・・。(・´ω・`)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる