ここから本文です

定本ラヴクラフト全集について クトゥルフ神話に興味を持ち、ラヴクラフト全集...

xxr********さん

2013/9/615:00:40

定本ラヴクラフト全集について

クトゥルフ神話に興味を持ち、ラヴクラフト全集を図書館で借りて読もうとしたのですが、近所の図書館では東京創元社の文庫版は全てが長いこと貸出中で、予約も

数件入っており、国書刊行会の方も一部が欠けていたりしています。

なので、国書刊行会の定本ラヴクラフト全集の2,4,6巻のどれかを借りようと思うのですが、間が欠けてしまっていても大丈夫なものでしょうか?
また、その中でオススメなどあったら教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
1,439
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2013/9/622:31:11

「飛び飛びの巻を借りても大丈夫か」というご質問ですが
「大きな問題はない」とお答えします。

ラヴクラフトの諸作品は明確に話が続くものは少なく
独立した幾つもの作品に設定や固有名詞が散りばめられて
全体として独特の世界を感じさせる、というものです。
ですから全集を飛び飛びで借りたとしても
(有名な作品を取りこぼしてしまう可能性はありますが)
「クトゥルフ神話の雰囲気に触れる」ことはできます。

オススメは4巻に収録された
ラヴクラフト自身が高く評価していた短編「異次元の色彩」
大学の学者たちが寒村の怪異に立ち向かう「ダンウィッチの怪」
これはぜひ読んでいただきたい。

他には2巻収録の「壁のなかの鼠」「名状しがたきもの」。
また「死体蘇生者ハーバート・ウエスト」は
厳密には神話作品とは言いがたいのですが人気作です。

6巻なら、侵略的タイムトラベルの恐怖を描く長編「超時間の影」。
そして「闇の跳梁者」は、某ニャル様の出演もさることながら
ラヴクラフトとロバート・ブロックの交友という点で押さえておきたい一作。

無論、歯抜けになっている巻に収録されていた有名作品もありますが
これらを読んでラヴクラフトが好きになったら
他の本を探す、ということでよいと思います。

質問した人からのコメント

2013/9/7 13:32:23

お二方ともご回答ありがとうございます。
各話の紹介を見て、ますます読んでみたくなりました。
「ダンウィッチの怪」は私が好きな別の作品でオマージュされて気になっていたので、まず4巻から借りてみようと思います。
BAは収録巻まで記載してくださったnyarla1920さんにさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cep********さん

2013/9/622:13:42

ラヴクラフトの小説は短いもの(短編とか中編)が殆どですから間が欠けてしまっていたとしても特に問題はないと思います。
また、ラヴクラフトは神話作品の創始者ですが、ラヴクラフト作品のすべてが神話作品ではありません。

なお、おすすめということですと、

1.神話作品の直球という意味では「クトゥルフの呼び声」「ダンウィッチの怪」「インスマウスの影」
2.神話作品が壮大な宇宙論に展開される「未知なるカダスを夢に求めて」「狂気の山脈にて」「時間からの影」
3.神話作品ではないけれどホラーとして一級品の「アウトサイダー」「冷気」「宇宙からの色」

あたりになりますかね。

他にも詩的な小品もたくさんありますので、ラヴクラフトの多彩な作品を楽しんでみてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる