ここから本文です

オリンピックの招致のスピーチの際に、スピーチ台の前に立っていた透明の30cmくら...

esper110さん

2013/9/901:21:00

オリンピックの招致のスピーチの際に、スピーチ台の前に立っていた透明の30cmくらいの板はいったい何なんですか?

閲覧数:
322
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jf2********さん

2013/9/901:49:57

プロンプターといい、話者側に原稿が映し出される装置です。
日本では細川内閣当時の国民福祉税発表の場で初めて用いられ、税導入の可否よりも大きな話題になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/9/901:26:06

左右についていた物ですよね?
間違っていたら大変申し訳ないのですが、あそこに、スピーチ原稿が表示されているそうですよ(^-^) 私達からは、ただの透明の板に見えますよね。
確かに、あれだけの文章を全て覚えるのは大変ですもんね。

poi********さん

2013/9/901:25:23

プロンプターと言います。

スピーチ原稿があの透き通った板に映るので、
話している人は周りの人たちに視線を向けながらも
ちゃんと間違えないようにスピーチ内容を確認しながら話せる・・・という便利な装置です。

org********さん

2013/9/901:22:31

しらね

ノリでつくったんじゃね?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる