代理店手数料の妥当金額はいくらでしょうか?

代理店手数料の妥当金額はいくらでしょうか? 代理店手数料の妥当金額はいくらでしょうか? メ-カ-(営業をしない製造オンリ-)販売価格が10.000円とします。 営業を一手に受ける販売会社の取り分は販売価格の30%つまり3.000円 販売価格10.000円に対してメ-カ-70%/販売会社30%は妥当の数字でしょうか? 【備考】 メ-カ-サイドには営業マンは1人もいません。 販売会社は交通費やパンフレットなどの経費も負担させられます。 「物にもよる」というご意見があると思いますが、機器設置・インフラ整備の初期投資は 当然、あったと思いますが、これから営業が顧客を獲得すれば全て利益になる仕組みです。 また当然、販売会社は販路を急ピッチに拡大させる任務があるため代理店展開をします。 その場合、メ-カ-の70%は確定、販売会社の30%の利益の中から代理店手数料を払う。 ここで質問の整理をさせて頂きます。 ※ 上記モデルのビジネスの場合、メ-カ-の取り分が販売価格の70%は妥当ですか? ※ また交通費・パンフレットなどの経費を全て負担しての30%は妥当ですか? ※ 一般的に販売会社が30%のうち代理店を作った場合に支払うのは何%が妥当ですか? ※ 世間一般的な販売店の一次店の取り分とは通常何%でしょうか?またフルコミッションでは? 以上、宜しくお願いします。

起業17,397閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

代理店と云っても、保険の代理店や旅行の代理店など有りますが、此の場合は製造した商品の販売と云うことに絞った一般的のものと考えます。 メーカーが70%と云うのは異常にメーカー側が多いです。スーパーなどの商品でも売値から此のくらいの粗利は要求されます。卸が入った場合はさらに卸の取り分が必要です。 宣伝から、物流までメーカーがやる場合は兎も角、普通は60%が高目の線引きになると思います。 ただしこれはあくまで一般ユーザーが使用する商品の場合です。 其の中で販売費用は販売側の負担となるでしょう。ただし企業宣伝や、リペアの為の部材費用などはメーカーが負担すべきでしょう。 普通1次店・販売店と鳴りますが大卸が入る場合は大卸はもっと安いと思います。50-55%くらいは最小でも必用と思います。 1次店ー販売店とあって、メーカー出の価格が売価の70%と云う商品は知りません。

1人がナイス!しています