ここから本文です

「貴様」のもともとの意味は確か「あなた様」って意味ですよね? この「貴様」...

kaw********さん

2007/4/1719:28:21

「貴様」のもともとの意味は確か「あなた様」って意味ですよね?

この「貴様」という言葉が、間違われて使われ始めたのはいつ頃からなのでしょうか?

できれば間違った使い方を始めに使った人(作家?)を教えて下さい

閲覧数:
23,474
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ka0********さん

編集あり2007/4/1722:30:28

次は、以前御回答申し上げたものに加筆・訂正したものです。よろしかったら参考になさってください。

「日本語文法大辞典」(明治書院)の「貴様」の項では、次のように述べられています。

>>「(室町時代末期には書簡で使われており、)江戸前期頃までは、武家の書簡で高い敬意を
表していたが、これが次第に口頭語の世界に入っていき、一般の人々も用いるようになった。話し言
葉としての『貴様』の待遇価値は、少しずつ下がり、江戸語では明和頃(1764~72)は軽い敬意を
表すことが多かったが、文化文政頃(1801~1830)には対等の者に使うことが普通になり、(天保
頃1830~44には)次第に罵りことばの世界へと移っていく。」

どうやら明治以前に、既に「罵りことば」だったようです。もっと後かと思っていたので、私も意外でした。

あとは「お前(おめえ)」や「手前(てめえ)」が同種のものですね。
やはり「日本語文法大辞典」によると、「おめえ」は江戸期に既に目下の者に対する対称として使っ
ていたようです。「てめえ」については、時代的な記述は見られませんでしたが、「手前」は漱石の
『吾輩は猫である』の中では、対等以下の相手への対称として用いられていたようです。
また「主(ぬし)」も、同辞典によると、元は軽い敬称だったようですが、室町期にはもう目下に対して
用いられるようになり、その分を補うように「お主」と尊敬の接頭語を「お」付けたそうです。「ぬし」は
その後、江戸期には遊女や庶民の女が客や恋人を呼ぶ対称になりました。これは時代劇などでおな
じみですね。

質問した人からのコメント

2007/4/19 01:29:09

感謝 そんな昔から使い方が変化していたとは・・・ちょっとびっくりです。

ありがとうございました。

「あなたのもともとの意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sin********さん

2007/4/1719:44:41

 「貴様」は、初めは相手を敬う言葉でした。

 江戸時代、親しい間でよびあうときの言葉になり、末期には相手を低く扱う言葉になったそうです。

 これのイメージを決定的に悪くしたのは旧日本軍で、同等以下の者を呼び捨てたり、罵倒するときの言葉になってしまったそうです。 はじめに使った人はわかりませんでした。

 同じように、当初は敬う言い方であったものが、時代が下るにつれて、対等か、それ以下の意味になってしまった呼び方として、「おまえ(御前から)」、「○○公」(←ワン公、ポリ公など)、「あんた(彼方から)」、「おぬし(御主、恩者から)」、「○○君」、「きみ(君、貴身)」などがあります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる