ここから本文です

医療費控除で、支払った医療費より保険金の方が多い場合は申告する必要はありませ...

gor********さん

2013/9/1612:34:12

医療費控除で、支払った医療費より保険金の方が多い場合は申告する必要はありませんか?

閲覧数:
36,611
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yyy********さん

2013/9/1614:25:34

1年間の医療費の合計と保険金と比べるのではありませんよ。
保険金の補填内容に一致した医療費のみで判断してください。
補填されていない医療費は医療費控除の対象です。
補填されていない医療費が多い場合は確定申告できますので、申告してください。納税があれば還付されます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「医療費控除 保険金が多い場合」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bac********さん

2013/9/1712:41:45

医療費はさまざまな一年間の案件が含まれていますから,もらった保険金の案件の治療費のみ外してしまい,ちゃらにして
他を合計して高額医療控除を申請することが出来ます。

buc********さん

2013/9/1613:53:18

所得税法9条17号及び所得税法施行令30条1号により、
損害保険会社又は生命保険会社から受ける、身体の傷害(病気を含む)に起因して支払を受けるものについては非課税とされています。
怪我や病気により、保険会社から受ける保険金は、医療費控除の際、支払った医療費からは個別対応で控除しなければなりませんが、支払った医療費より、いくら多くもらおうとも、そもそもが非課税なので、申告する必要は一切ありません。

kk0********さん

2013/9/1613:24:27

まず、医療費控除については、先に回答されている方の回答通りです。

次に、使った以上に受け取った保険金ですが、課税所得ではありませんので、特に申告は必要ありません。

nik********さん

2013/9/1612:40:23

医療費控除の計算式は
「一年間の医療費」-「健康保険からの還付、保険会社からの給付金など」-「10万もしくは所得の5%」
です。
なので「一年間の医療費>還付金・給付金+10万(もしくは所得の5%)」の場合は控除額ゼロとなり、申告できません。

医療費は生計同一の家族のもの、通院や他科の受診分も合算できるので、「保険金の出た傷病」だけでなくほかに通院・入院が会った場合は医療費控除が受けられることもありますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる