ここから本文です

任意整理して意味ある? 私の借金について任意整理をしようと思って弁護士に相...

don********さん

2013/9/1708:04:07

任意整理して意味ある?

私の借金について任意整理をしようと思って弁護士に相談しようと思うのですが質問です。
現在、Mカードローン 15% 90万
ノーローン 15% 110


エポス 18% 45万

リボ払いで借金があります。
ノーローンは月額2万2千円
Mカードローンは月額2万
エポスは月額1万
払っています。
このまま払い続けると完済は2020年です。何とか3年から5年以内に完済したいと思っています。
借金の原因はFXと転職による収入減
です。
どれも平成22年10月以降に作ったもので法改正後です。この金利で任意整理してメリットはありますか?
私は今25歳で7年ブラックリストに載ってもあまりさしつかえはないです。同じ7年なら任意整理したほうがいいでしょうか?
ただ金利が規制内だと思っています。
また弁護士費用などはどのくらいが妥当でしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
2,230
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2013/9/1708:48:48

>>任意整理して意味ある?

大半の普通の人の場合は意味がありません。逆にマイナスに針が振るだけです。

これで一人勝ちして美味しい思いをするのは弁護士だけです。

ですから、個人的な特殊なケースや環境下でどうしても他の法的整理手段じゃ問題が出るから仕方なく任意整理で・・・と言う位のモンです。

貴方の場合、特定調停でもご自分で裁判所へ言って手続きすりゃ簡単に済むだけの話しです。
債権者1件当たり手数料千円程と郵便切手代程度です。
債権者が3者なら3千円+送達郵便等の切手代のみです。

良くある処理だけに裁判所に行けば利便性を考慮して申立書等もちゃんと作ってくれてるのを貰えますから、後はその場で書記官らに教えて貰いながら申請書を仕上げでもすればOKかと。

尚、裁判所に行く際には、予め債権者一覧表である程度借りた最初からこれまでにどれ位返して今どれ位残っているとか、そう言う返済履歴と年利が解るようなモンを一覧表にまとめたもんを作って持参するとベストです。

これで適正に毎月の返済額等の調整や債務の再確定等も行えるハズです。

>>弁護士費用などはどのくらいが妥当でしょうか?

報酬も細かく取る所もあるので、5万や10万じゃ済まん場合が殆どです。
減額に成功したら、その○○%分も報酬で貰うとか、任意整理の報酬や着手金で10万とか20万なんて言う具合に料金設定してる所とか、まぁ、弁護士料金も今じゃもう自由化されてるのでバラバラですから、細かい事は貴方がご自分の地元で相場等を調べないとこの辺は不明です。

>>今25歳で7年ブラックリストに載ってもあまりさしつかえはないです。同じ7年なら任意整理したほうがいいでしょうか?

まず、個人信用取扱会社(機関含む。)に事故情報として掲載されるのは、事故発生時に登録されたら、それが抹消されて消えるのは何らかの形でケリがついてカタがついてから3~5年です。
破産の場合、破産法改正前に破産した人は旧来通りの10年、破産法改正後に破産した方は7年間残る事になってます。

因に、遅延や延滞類が概ね3年程度で債務整理になると5年間。

和解で完済したとか、特定調停で完済した等と言う時点から数えて5年後ですから、結局返済中の期間を足されるから10年近くに及ぶ事を憶えておかれて下さい。

もし特定調停の場合なら、概ね3年を基本として返済計画をたてますが、状態などの理由により最大で5年間まで返済期間を伸ばす事ができます。
これを3年でまとめた場合、借金返済の3年間で無事計画通り完済できたら、今度はそこから5年経過して初めて抹消となりますから、合計で抹消までにかかる期間は最低でもこの場合なら8年間、もし返済期間を最大の5年にした場合は10年間となります。

尚、困るのが抹消されて白紙に戻った後からが本物の地獄見ますよと言う所だったりします。^-^;
今度はホワイトブラックと言われる問題に大いに悩まされ、そして整理して方々に迷惑を振りまいた事への大後悔に初めて気がつくと言うのも大抵の方の場合丁度ここまで来てからなんですよね。

白紙に戻ったからとクレカ作ろうとかローン組もうとしたら、白紙なのに何故か何所も与信が通らない!? なぜだーーー!?!?
と言うような状態に多くの割合の方は陥る訳ですね。^-^;

そして、その後暫くの間は1枚目のカードを作るのが中々出来ずにまた数年経ってしまった! 等と言う事になってるような人は世の中に掃いて捨てるほどいたりします。
余り努力をしてない人は下手したら生涯ホワイトブラック状態から抜け出せずに終わりそうだな? みたいな人もいたりします。

ま、債務整理は債権者らに迷惑をそれなりにかけたり借金を踏み倒して棒引きするようなモンですから、その時の貴方の人生を整理は救い出してくれるかも?ですが、その後で当然それに対する報いのような対価のようなしわ寄せは覚悟されて下さい。

良いことずくめではないと言う事です。良くもあり悪くもありと言う事でバランスが取れてますね。

質問した人からのコメント

2013/9/17 21:45:58

成功 1番最初にしかも、わかりやすく説明してくれたので。ありがとうございました(*^^*)
やっぱり最後まで自力で出来るとこまでやってみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hou********さん

編集あり2013/9/1711:01:27

現在の債務総額が3社合わせて245万、これを3年で払っていくよう交渉
するのが任意整理です。
(あなたの場合、制限利息内の借り入れなので、引きなおしをしても
減額は見込めません)

単純に計算すれば、245万÷36(月)=6.8万円を毎月払っていくことに
なりますので、現在より支払い金額は増えますが、任意整理をすることで
将来利息は払う必要がなくなるので、任意整理をやったほうが元本
のみ返済でゴールは見えてきやすいです。

なお、毎月の支払いが多くて無理。ということであれば、業者によっては長期
(~6年くらいまで)で交渉に応じてくれるところもありますが、これは
今までの取引状況や業者の体力次第なので、長期和解が出来るかどうか
はここでは判断は出来ません。また逆に、取引が短い、残債が少ない、
業者の体力がないなどの理由で、3年より短い期間で和解を申し入れてくる
業者もあります。この辺は弁護士に確認するほかないでしょうね。

また、月々の業者への支払いとは別に、弁護士事務所に支払うお金として

・弁護士費用(いわゆる着手金1社何万とか)
・弁護士の成功報酬(各社まちまちですが減額成功報酬や過払い金回収額
にかかってくる割合で取られているところがほとんどなのでこれがなければ
成功報酬は0と思ってもいいかな)
・返済代行をやっている事務所は月々決まった代行手数料は取られる

はかかってきますので、
この費用が、これから2020年まで支払う将来利息よりも少なければ
それなりのメリットはあると考えられます。

あなたの正確な取引年数が分からないので、非常に非常にざっくりですが
(数年単純に返してきているだけならば元本も減っていると思いますので
ので、下の計算より利息分も減っているとは思いますが)

Mカード 90万×0.15÷365×30=1.1万/月
ノーローン(シンキ) 110×0.15÷365×30=1.3万/月
エポス 45×0.18÷365×30=0.6万/月

1ヶ月に3万円の利息を支払っていることになりますから、2020年までに
支払う利息と着手費用、(あれば弁済代行費用)を計算して
比較すればよいのではないかと。
大体1社あたり多くて4万程度の弁護士費用のところが多いと思いますから、
数年かけて利息を払い続けるよりも得だとは思います。
ただ、弁護士費用数万も勿体無い。自分でやる労力を惜しまないという
ことであれば特定調停をやればもっと安上がりです。
ただ、特定調停の場合は調停調書をとられる関係で、万が一返済が
滞った場合は一括請求がくるリスクがあることは覚えておいて良いと
おもいます。

相談時に見積もりを出してもらってもいいと思いますよ。
早く完済したいのであれば任意整理はいい方法だと思います。
カードで生活していた分は、現金生活にもなりますから、生活を
見直すにはもってこいです。
ブラック懸念がないのであれば、相談してみることくらいはありだと
思います。

なお、下の方がホワイトブラックについてご指摘いただいている
ので、それについても少し。
信用情報がまっさらになった場合、30歳を超えて履歴がないと
確かに警戒される業者もあるにはあります。
ただし、30過ぎてもカードを作っていなかったという人は実際に
います。
過去の例をみると、30過ぎても履歴がまっさらの場合はまず
取引銀行(給与振込先銀行など)でクレジットカードを作ることは
比較的やりやすいようです。1枚作れれば1年程度使用履歴をつ
んでしまえば、信販系なども作りやすくなると思います。

過払いや減額が見込める債務を取り扱う場合は弁護士事務所
はその報酬でウハウハ(笑)でしたが、制限利息内の任意整理
の場合は、報酬が殆ど見込めないため弁護士もぼろ儲けどころ
か管理が増えてトントン・・・という事情もあったりします。
結構大手で債務整理を取り扱っていたところも、最近徐々に撤
退して別事件を扱うようになってきたのはそのせいもあるのかと。
弁護士業界も大変ですね。
最後は蛇足でした(笑)。

awp********さん

2013/9/1708:28:08

ものすごく、意味ありますよ。

弁護士介入しての任意整理なら、今後の利息を0にして、支払いはすべて元金に充てられます。

そのため、完済に目処がたちます。

迷っていないで、すぐに弁護士にご依頼ください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる