お食い初めの食事代についてです。 5月末に長女を出産しました。両家にとって初孫になります。 その際に私の親(父は死別していていません)からは出産祝いと結婚祝いの両方をもらっています

お食い初めの食事代についてです。 5月末に長女を出産しました。両家にとって初孫になります。 その際に私の親(父は死別していていません)からは出産祝いと結婚祝いの両方をもらっています が、義両親からは何ももらっていません。 主人の仕事の忙しいこともありお宮参りはもう少し涼しくなってからということで先延ばしにしていました。 そして今月お食い初めとお宮参りを同日に行うことになりました。 お宮参りにきて行くベビードレスも主人が来ていた物を着せたいと言い出し、お宮参りに行く神社もお食い初めの食事をするお店も全てあちらが決めると言うのでお任せしています。 私とうちの親は食事代や御祈祷に関する料金の話は何もされていません。 この場合お宮参りなどにかかるお金は私たちが用意をしたほうがよろしいのでしょうか? 私の心情としては何のお祝いも今までもらっていないですし、全てあっちが決めたいと言ってきたので支払いもあちらだと思っているのですが。 主人は出張などで忙しくお宮参りにも来れません。 主人にあちらの両親についての話を相談してもめんどくさそうに、お前らで相談してやってくれよと言う感じなので主人に相談してもあまり意味がありません。

補足

•主人は次男です。 •入籍は去年の11月ですが、まだ結婚式はあげていません。 子供が出来てからの結婚だったので、子供がもぉ少し大きくなってから海外で身内だけで挙式する予定です。 •自分のお宮参りについては、聞いていないので分からないです。すいません。。。

結婚2,591閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

このような古来からの慣習的な行事は家単位です。 あなたが少し誤解している面もありそうですので、下記を補足して ください。 ・あなたのご主人様は長男ですか。 ・結婚式の時期はいつでしたか。結婚式をしていない場合はいつ入籍 をしましたか。 ・あなた自身のときのお宮参りのとき、あなたのお母様の実家、つまり あなたのお祖父母様はどのような御祝いをしてくれたとお母様から聞いて いますか。 ・あなたのお父様は長男でしたか。あなた自身のお宮参りのとき、あなたの 父方のお祖父美様はどのような御祝いをしてくれたと聞いていますか。 もし聞いていないならば、この分の補足は不要です。 《補足を見て》 お食い初めやお宮参りのような伝統的な行事は基本的に家単位です。 すでに結婚しているように認識されることと、ご主人様が次男であること から、あなた宅で独立をした一軒の家庭と思ってください。 よって、あなた宅に両家から御祝いが届く、というのが過去からの伝統的 慣習です。 残念ながら、あなたのお宮参りが、あなたのご実家の基準ですので、聞いて いないならば、この機会にぜひ聞いてください。あなたのお母様の実家が 何を用意してくれたのかが、あなたの実家の標準的な御祝いです。 なお、ご主人様の小さい頃のベビ-ドレスを着せたいという希望です ので、その希望をぜひあなたのお母様にも教えてあげてください。 あなたは両家の意見や考えかたの調整役です。どうしてほしいと いう意見はなかなか述べられないでしょうが、本来は結婚式の準備 段階でわかるようなお話です。結婚式をしていないので、このような 儀式でも困るのです。両家とも結婚をした認識がないので、御祝いを どのようにしたらいいのかわかっていないような気がします。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます。 とても参考になりました。 1番詳しく回答して下さったのでBAに選ばさせてもらいました。 ありがとうございました。

お礼日時:2013/9/26 0:02

その他の回答(2件)

0

50代です 私の頃は、[嫁ぐ]考え方でしたから、全て夫側の手配支払いでした 今は、[新しい独立した家庭]という、考え方ですから、用意しておいて、渡したらいいと思いますよ …要らないよと言われたら、有り難く引っ込めたら良いだけです

0

自分の子のイベントなのだから、 自分たちで出すのが筋だと私なんかは思います。 両親が御宮参り、お食い初めのお祝いをしてくれるって張り切っているのは気持ちだと思うので… なので、お店などは決めていただいてるかもしれませんが、 「お店の手配ありがとうございました。スッゴク助かります。 費用は、私たちで払わせてくださいね!」と言います。 それで、「いいのよ!」って言われたら、ほっといたらいいと思います。 一応、「自分の子のことなんで、私たちで払いますよ~」って言ってみたらいいと思います。