ここから本文です

あなたにとって、元気が湧く! やる気をもらえた!という、 小説があれば教えて...

jet********さん

2013/10/112:28:21

あなたにとって、元気が湧く!
やる気をもらえた!という、
小説があれば教えて欲しいです。

閲覧数:
2,188
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/10/117:42:20

元気が湧いた本は

山田悠介が書いた「スイッチを押すとき」です。

日本じゅうから子供を集め「どういう状況になると子供が自殺するのか」を調べる自殺仰制プロジェクト(通称YSC)

ここでは子供たちに自らの命を絶つ「赤いスイッチ」を持たせ極限の状態で生活させる。

1年の間でほぼ全員がスイッチを押してしまうが何とここの4人の少年少女は7年間もスイッチを押さないという異例の子だったのだ。

彼らが7年間スイッチを押さない理由は何故なのか。

一番泣ける山田悠介作品ついに文庫化!

あらすじを書かせてもらったんですがこの本は本当に泣けたし本当に元気をもらいました!

7年間もスイッチを押さない彼らの理由は本当に寂しいものでした。

でもその寂しさよりも元気を貰える本でこの本を読んだ後はきっと「よし頑張ろう!」という気持ちになれるはずです。

だから是非1度この「スイッチを押すとき」という本を読んでみてください

質問した人からのコメント

2013/10/7 21:58:39

皆さんありがとうございます。
どの本も、チェックしてみることにします。
まずは、山田悠介氏の『スイッチを押すとき』を借りまして、読み始めています。
因みに、私がやる気にさせてもらっている本は、ベタですが、
百田尚樹氏の『ボックス』と夢枕獏氏の『空手道ビジネスマンクラス練馬支部』ですかね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

luc********さん

2013/10/116:34:21

こんにちは。
やる気が出るような小説ということですが、ご紹介する作品は、あくまでも私にとっては、という作品ですので、変な本を紹介するなあと思うかも知れないですが。
モーリス・ルブラン原作
水晶の栓
という作品です。
これは有名な怪盗ルパンのシリーズの一作ですが、特に好きな作品です。
ルパンはある事件で逮捕されたまだ若い自分の部下を助けようとしますが、悪徳代議士の非常に強力な敵が現れ、何度も助けようとする作戦を失敗させられ、生命を脅かす怪我までさせられますが決して諦めません。
そして最後には、さんざん苦しめられた敵を完璧に倒し、若い無実の部下を救います。
途中ではボロボロに負けていても、諦めず、最後に完全に勝利するのが何ともかっこよく、元気が出ます。
私は角川文庫で読みましたが、創元推理文庫をお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる