酔ってみたくてお酒を飲みたいんですけど、どのくらい飲むとアルコール依存症になってしまうのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まさにお酒に逃げようとしてました。 それが危ないんですね、気をつけます。 皆様回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/13 10:02

その他の回答(3件)

0

アルコール依存症は休肝日を適切に設けないで、 毎日お酒を飲んでいる人がなりやすい傾向にあります。 毎日お酒を飲まない方がいいですよ☆ アルコール依存症は多量に飲む人がなるという認識がありますが、 多量に飲まなくても、毎日お酒を飲んでいる人が次第に飲む量が増えて、 コントロールが効かなくなってアルコール依存症になってしまうのです。 お酒はお酒を飲まない休肝日を週に4,5,6日設けて、 適量を飲むのが正しいお酒の飲み方です。 1日のんで2日の休肝日、また、1日飲んで2日の休肝日をとると言ったように、 毎日飲まずに、常に連続48時間以上の休肝日を設けることが必要です。 それが一番安全な安心な飲み方です。 それがアルコール依存症にならない飲み方です。 週に2日の休肝日でもアルコール依存症になる人もいます。 ですから、休肝日を適切にとらなければいけないのです。 アルコール依存症は身体的破滅、精神的破滅、社会的破滅、経済的破滅を引き起こします。 現飲酒者の26人に1人がアルコール依存症です。 誰でもなる可能性がある病気と言えるでしょう。 適量を飲むこともとっても大切です。 ビールの適量は一缶、日本酒はコップ一杯、一合が適量です。 アルコール依存症にならないためには適量を守ることです。 また、毎日お酒を飲んでいたら健康を害します。 肝臓を休ませないで飲んでいたら肝硬変などの病気にもなります。 それから、さまざまな病気の原因の引き金にもなります。 そのような意味で、きちんと休肝日を設けることが必要なのです。 必ず気をつけましょう☆またこのことを必ず忘れないで心がけることです☆ そしたら、健康でアルコール依存症にもならずに済みますからネ☆ お酒で人生を狂わせた人は沢山います。 あなた様もその一人にならないように気をつけなければいけません☆ 大切なあなた様がアルコール依存症になりませんように。。 いつまでも健康で楽しく安全にお酒が飲めますように。。。 休肝日と適量を守れば、アルコール依存症にはなりません。 大切なあなた様が幸せに暮らせますように。。。。がんばってください☆

0

それは人それぞれです。 量よりも飲み方が問題のようですね。 酔っ払ったらダメとかじゃなくて、のんじゃいけない時ものまずにいられなくなるのが依存症です。 何かに取りかかる前に一杯とか、ちょっとした憂さ晴らしもお酒しか頼れないとか、隠れてのむとかは依存症につながりやすいらしいです。 お酒は楽しくのみましょう。