ここから本文です

人間は何回も生まれ変わるそうです その場合凡人は凡人に 哲人は哲人に 指導者...

dry********さん

2007/5/101:17:45

人間は何回も生まれ変わるそうです その場合凡人は凡人に 哲人は哲人に 指導者は指導者にそれぞれ 生まれ変わるのでしょうか?(まさに 蛙の子はという・・、)

閲覧数:
11,573
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syu********さん

編集あり2007/5/323:31:41

人は魂を完成させるまで何百回、何千回、も輪廻転生をする。つまりチャンスを与え続けられている、これは真理で、悪因悪果、善因善果の因果応報の絶対公平な世界は輪廻の過程に現れるものですから、輪廻転生は宗教の基本であり、今生を正しく生きることの大切さを説得、納得することにもなるのです。

例えば、人の誕生は様々で、産まれる国に貧富があり、日本国は豊かですがこの中でも、貧富の家庭の差はあり、両親が優しいか、冷たいかの差もあります。そして、健康である、病弱である、なんらかの才能がある、才能はない、美形である、短足である等、一度だけの人生であったら生まれつきの差は不公平であります。
しかし人に前世があり、その前世を正しく生きた、つまり霊的な貯金をしていた人は今生で貯えを使うことが出来るということであれば、この差はあって当然で、これが公平であり、この公平を護っておられる者を神といい、親というのです。

自分の今置かれている環境、宿命、運命は、前世までに育ててきた魂(真我)の状態の厳粛なる結果であり、創造主は、神の子である私達を一人前の神に育てるという本願(天命)成就を祈りつ夫々、一人一人に必要な、魂の修行、研きを本当に丁寧に与えられ見守り続けておられるのです。

人は死んでもお終いではない、次の人生があり、ステップがある。人は虫として地に下され、土を食って体(殻田)を作り、繭を作って中に閉じ篭って、羽を育てて、晩秋に殻を破って天に飛び帰るものである、と虫から蝶への変容羽化で例えられています。これは七八九の数霊でも示され、七=花=産業革命→八=蜂=殻田の秘密を探る=内省する→九=究明=体(穴=凹=水)と精神(凸=火の気)をクロスする=十字架を運ぶ=九(苦ク)+(露ロ)十(統ス)=卆業する、です。

日本ではテレビのバラエティ等で、憑依霊や前世に関わる不幸などがバンバン紹介されていますから、輪廻転生は問答無用の筈なのですが、輪廻を納得していない人はテレビの何を見ているのだろうかとその目と頭を疑います。私は各国を旅して今は米国におりますが、神がテレビに現れて霊的な大講義をしているのは日本だけなのです。目覚めなければ真にもったいないし、申し訳ないことなのです。

私は飛騨高山に総本山(日のピラミッド)を持つ崇教真光の信者として20年余になりますが、この手かざしの業によって、前世の因縁による霊障の数多の発見の体験から、人は輪廻転生を続けていることは問答無用、あったりめえとなっています。
外国でもケイシーの転生の秘密等の本がでていますから、宗教を勉強するもので輪廻を否定する者は少数派であり、宗教を誤解している異端のエホバの証人くらいのものなのです。
カソリックもプロテスタントも輪廻の有無には口を閉ざしてきましたが、認めるという傾向を示しています。これはインテリジェントデザインの進化論を強く言い出していることに関連しています。

例えば、ヨハネの黙示録の16章を注意して読んで見てください。真理の御霊(イエスの真実を伝える)の現れる時に貴方方はこれに出会うとイエス様が予言しておられるのは、何百年もの後のことと受け取れますから、私達は輪廻を続けているということになります。

凡人は凡人に、哲人は哲人に生まれる、に関しての質問には答えられませんが、神は魂の不足を補う為に次の人生の職業(才能)を含めた宿命の生活条件を用意されるということです。
三度同じ職業をおくれば天才として誕生するとも言われています。来世も音楽がやりたい、来世はもっといい絵を描きたい、哲学を究めたいと真剣に祈れば、音楽家、画家、哲学者として生きることを許されるかも知れませんネ。

人間(魂)は死なないとも云われています。体は80年位で死にます。そして、地球は13000年毎に収穫を迎えて、ひっくり返しの二千年間は死の地(肉体の住めない)となります。これがハルマゲドンでフォトンベルト(光子に浄化される=アイオーンの輝く雲に包まれる=プレアデス星団のスバル連星のアルキオーネ星を太陽系は通過する=2012年に地球は突入)にあと五年後に遭遇すると、天文学的に計算されており、マヤ、アステカ、ホピー族、ドゴン族の伝承にも一致しているのです。
そして三十年前の南極の氷のボーリング調査でも1万2千5百年毎に火山灰の定期的な堆積が見られているのです。

この火の洗礼の時、今後、成長の見込みのない魂は抹殺され輪廻は終わる。望みのある魂だけが天に救い上げられて、次のノアの上陸期を天で待つ、極少数が地に残されるのが千年王国です。これが天の計画であると理解されます。千年王国は確かにきますが、輪廻の継続の上に来るというのが聖書の正しい理解であり、エホバの証人の輪廻否定説は間違っているのです。

秀思學

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sor********さん

2007/5/514:39:58

人間だけではないですよ、生き物全てが輪廻を繰り返します。

死ぬ瞬間の心のありようが来世を決定付けます。
人間に生まれ変わること自体なんにしろ恵まれています。

凡人は凡人、のような単純な図式ではありません。
ずっと人間という人はほとんどいないでしょうね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

toe********さん

2007/5/218:51:43

>あなたがもし、今死んだとして、今度生まれるとき、何を学びたいですか?
つまり、そういうことです。

回答した人: oihsotihcugatさん (コピペでごめんなさい)

「コンクリート詰め殺人」の女子高生の場合、何だか行き詰まってしまいませんか?

質問者様回答になってなくてごめんなさい。

oih********さん

2007/5/101:29:19

科学的根拠はありませんが、

私の認識をお話させていただけるなら、以下のように回答します。

生まれ変わるというよりは、再生です。同じたましいが100%再び生まれてくるわけではありません。何と言いますか・・・・他のたましいの一部同士が混じり合って、再生されてきます。ですから、他のたましいの記憶を一部持った状態で、再生されます。

再生は、自分の意思で決まります。以前に生きていたときに、自分が学び足りなかったものを学ぶために最もふさわしい条件の下に再び生まれてきます。

ですから、前世と同じような職業に就いてしまうような場合もあれば、まったく違う宿命を選んで生まれる場合もあります。

あなたがもし、今死んだとして、今度生まれるとき、何を学びたいですか?

つまり、そういうことです。

mif********さん

2007/5/101:28:27

人間は 一度しか 生きないと思いますけど、、

nan********さん

編集あり2007/5/101:24:15

人間は育った環境で、その後の人生がわかります。
私は「生まれ変わる」 と言う事は信じていませんが、
仮に生まれ変わっても環境が異なれば人間性は変わります。

ゆえに、ご質問の事は、ありえないと考えます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる