ここから本文です

グッピーの尾腐れ病について質問です。

cxw********さん

2013/10/910:44:04

グッピーの尾腐れ病について質問です。

前回も同じ質問をしましたが(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211454736...
本当に尾腐れ病なのか分からないで薬浴させてしまいました。
添付の写真は尾腐れ病と思われるグッピーです。
こういう形のグッピーが沢山泳いでいたので尾腐れ病だと思い、薬浴させています。
それから、この写真以外にも尾ビレの上半分は残ってるけど下半分が溶けているとかもいます。

10月6日の午後に薬浴開始したので今週の11日には元居た水槽に戻そうと思います。

カラムナリス菌が活発に活動して繁殖する温度が27℃と聞いたことがあるのであえて高水温の30℃設定で薬浴させています。

これは尾腐れ病でしょうか?

補足真ん中が溶けているように見えてので尾腐れ病だと思いました、元々は分かりません、ライヤーテールという形が居るんですか、白濁や純潔もないし変な泳ぎ方もしていないし体表面のツヤは分からないですけどエサ食いも良く結構元気です。薬浴前から形はこうでした。

グッピー,尾腐れ病,カラムナリス菌,尾ビレ,上半分,ライヤーテール,デルタテール

閲覧数:
316
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pla********さん

編集あり2013/10/914:02:00

どのへんを指して尾ぐされ病だと?
私には不完全なライヤーテールの遺伝子を持った尾に見えるんですが、元々はデルタテールだったんですか?

ご存知かと思いますが、グッピーの尾はすべてが三角のデルタテールではなく、上下端だけが伸びるライヤーテールだったり、上端だけが伸びるトップソードだったり、下端だけが伸びるボトムソードだったりと様々です。

最初から三角だった尾が欠けたり溶けたりしたら病気の可能性がありますが、成長につれてそのような形になってきたのなら遺伝です。

そもそも尾ぐされ病は、単に欠けるだけでなく白濁や充血が伴ったり、ヒレを閉じて頭を左右に振って泳ぐようになったり、体の艶がなくなったりと他の症状も伴います。
この画像の子は、そういう症状から立ち直って、ここまで戻ったと言うことですか?

補足に―
上下が伸びるのはライヤーやダブルソードです。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/46324/01.jpg
おそらく上のように鋭く伸びきれずに↓に近い個体でしょう。
http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/p/i/c/picuta/IMG_7784.jpg
同様にトップソードっぽい個体
http://aquastation.ocnk.net/data/aquastation/product/20130515_fb072...

こういう個体は、溶けたんではなくて元々こういう尾型なんです。
細菌感染症の薬は耐性菌をつくってしまうことがあり、そうなると本当に感染したときに効きが悪くなります。
この手の薬はしっかり見定めてから使ったほうがいいです。

質問した人からのコメント

2013/10/11 11:56:54

感謝 ありがとうございました。元々の鰭の形は分かりませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる