リフォームの金額

リフォーム7,380閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

建物の大きさや環境(隣接地やお隣サンとの境目の状況)がわからないとなんともいえません。 また、金額の比較も工事内容(使う塗料の種類、コーキング材の種類、コーキング補修をどこまでやるのか)でまったく変わります。 へーベル(ALC)は特殊な外壁ではありませんが、コーキングの撤去は大変です。3面接着になっているからです。そのため完全撤去せずに上からかぶせる打ち増しで対処することが多いです。 デザイン板の場合はもっと厄介です。 いずれにせよ最近情報が蔓延しているせいか、悪徳業者がはびこっているせいか、不景気なせいか工事金額ばかりを気にする方がおおいですが誠実にやっている業者さんが言う金額であれば間違いないのではないでしょうか。当然お知り合いの塗装やサンに直接頼めるのであれば多少は安くなるでしょうが、工事中の管理、監督は自分でせねばなりません。適切な施工がなされているのか自分で判断でき、万一のときの事故対処も出来るのであればいいですけど。 長くなりましたが、立地条件、現場サイズ,現状、材料グレードがわからないので250が高いか安いかは判断できません。 ただ、リフォームは新築よりお金はかかります。

0

ご存じかと思いますが、住宅会社が塗装会社に、塗装会社が下請け会社に、下請け会社が職人さんに仕事を依頼しますと間に普通に手数料(ピンハネ)が発生します。 職人さんに直接依頼できればホントの材料費(ペンキ代)、作業費(養生・高圧洗浄など)足場代に日当で終わりです。 ただ足場については少し大きめの会社に頼む方が融通がきく場合が多いです。 別の職人さんにきいて塗料を仕入れる店を教えてもらって、何缶必要か、色の番号、銘柄をきいて買ってきます。 塗装会社でも足場を持っていて自分のところで段取りを完結する会社もあれば、結構な金額でリースの会社もあります。 住宅会社の見積もりで信頼できる数字は「塗装面積」です。 塗装会社の数字よりもおおむね10%〜15%狭いです。 作ったところなので信用できます。 私も外壁屋根塗装をする際にコーキングだけは大きめの会社に頼みまして、足場もそこで組んでもらい、作業が終わっても塗装が終わるまでそのままにしておいてもらうようにして節約しました。 15年保障・・・はコーキングや再塗装を保障するのでしょうけど、そのリスクは抱えますが、逆にそのために100万・・・近くも高いのは私の場合は払えませんので、使う材料だけ(塗料の銘柄など)同じものを使うように頼んで安くしもらいました。 平素よりアンテナを立てていませんと、信頼できる職人さんにしかも仕事があいた時期に依頼するのは結構な準備が必要でしたけど。

0

塗装屋です 貴殿宅の建坪&外観がわからないので、一概には言えませんが・・・ 例えば建坪40坪で、ごく一般的な塗料を使用したとします。 足場・屋根・外壁・全てコミコミで150万だとチョット高いかな?って感じです。 それとへーベルハウスは特殊外壁でもなんでもないですよ、 普通のへーベルです、もしくはALCと言います。 参考になりましたか?