ここから本文です

歯のホワイトニングで、ホームホワイトニングの方がオフィスホワイトニングに比べ...

apo********さん

2013/10/1019:24:43

歯のホワイトニングで、ホームホワイトニングの方がオフィスホワイトニングに比べて効果の後戻りが遅いと言われているのはなぜですか?

歯の色素を分解して同じ白さになったとしても、後戻りする時間に違いがある

事を不思議に思っています。

閲覧数:
961
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2013/10/1311:59:16

ホワイトニングは、歯の表面の着色してしまったエナメル質を一層、脱灰(溶かす)させて
着色していない面を出す方法です。ホワイトニング後、歯がしみるのは、このせいです。
再石灰化である程度エナメル質は回復します。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの薬剤は、表面を溶かす成分濃度に違いがあります。
歯科医院では、歯医者さんが時間を管理しますので短時間で効果が出るように濃度が濃かったり
光を当てて効果が強く出るようにしますが
ホームホワイトニングの場合、管理する者は自分なので、ルーズな管理でも健康被害が少なくなるよう
濃度が薄い薬品が使われることが多いです。

簡単に言うと、歯医者ではサンドペーパーの粗めで一気に研ぐが、
家でやる場合、サンドペーパーは目の細かい物で研いでいると考えてください

さて、戻りについてですが、当然、何の後処理もしなかった場合、
つるつるした面よりザラザラした面の方が汚れはつきやすく、
これがホームホワイトニングの方がオフィスホワイトニングに比べて効果の後戻りが遅いと言われている原因かと思います。

しかし、今、ホワイトニングに真剣に取り組んでいる歯科では予後にも気を気をつけていますので
ホワイトニング後、着色の後戻りが少なくなるような後処理をしますので、
今はこの説は逆転していると言ってもいいと思います。

質問した人からのコメント

2013/10/17 17:14:02

抱きしめる ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる