ここから本文です

古文の質問です。

gen********さん

2013/10/1609:54:04

古文の質問です。

使っている参考書に
カ行変格活用・サ行変格活用・上一段活用には複合語があると記載してありましたが、
下一段・ナ行変格活用・ラ行変格活用には複合語はないということでいいでしょうか?

解答よろしくお願いします

補足最近問題を解いてると、複合語が沢山出てきて(死す、論ず・・・など)
仰るとおり下一段は蹴る、ナ変は往ぬ・死ぬ、ラ変はあり・をり・はべり・いまそかり
のみ覚えておけば・・・ということなんですが、
ただ純粋に下一段・ナ変・ラ変の複合語はあるのかな、と思いまして。
あるなら知っておきたいというだけですので、
どうしてもというわけではないですが
ご存知であれば教えていただけると大変ありがたいです。

閲覧数:
207
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

編集あり2013/10/1710:00:00

古語の下一段動詞は、「ける」だけ。ナ変動詞は「しぬ、いぬ」だけ。ラ変動詞は「あり、おり、はべり…」だけなので、
複合語まで考えなくていいんじゃないでしょうか?

サ変動詞は、「す、ず」をつければ無限にできますからね。

PS.下一段、ナ変、ラ変動詞の複合語は、あるかもしれませんね。
たとえば、「死ぬ」は、現代語で言えば、「犬死にをする、討ち死にをする、病死、横死」など、名詞の形でたくさんあります。
○○死ぬ、という動詞になったらどうか? ちょっと考えてみましたが、思い浮かびません。
古典をたくさん読んでみると、出てくるかもしれません。
「平家物語」なんかに出てくるかもしれません。

「蹴る」はどうかな~
「あり、おり、はべり、いまそかり」も、ありそうですね。

回答にならなくてすみません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる