ここから本文です

ろうそく型の太陽光充電機能付きのLEDランプについて質問いたします。 中国産の安...

izu********さん

2013/10/1611:51:31

ろうそく型の太陽光充電機能付きのLEDランプについて質問いたします。
中国産の安価な物を一年前に100個程購入し三日間使用し電源を切って一年間保管しておりました。1年ぶりに太陽光に当て充電しましたが、3割くらい

の物が発光しませんでした。そこで手持ちのエネループを入れたところ無事発光したのですが、ある疑問が生じました。
安価な商品のためソーラーで充電完了してもそのまま充電を続けてバッテリーを痛めはしないだろうか?
パネルは2センチ角程が二枚です。暗くなると発光する商品です。 元々入っていたニッケル水素電池は600mAh 12Vでした。12V 750mAhのエネループに変えたら従来より明るく発光しました。
発光しなくなった原因は電池にあるように思います。(充電の方に障害があるかもしれないので比較実験中)
要点を得ない質問で申し訳ありませんがどなたか御教授下さいませ。

ニッケル水素電池,エネループ,600mAh 12V,12V 750mAh,中国産,過放電,ニッカド

閲覧数:
238
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oka********さん

2013/10/1617:57:48

ニッケル水素電池は過放電すると、著しく性能が劣化します。
1年間放置したため、過放電(その状態が長い時間)になりダメになったのでしょう。
1セル当たり1V以下になると電池にダメージを与えます。
劣化により、ソーラー電池の発電がニッケル水素電池に充電
されないまま消費されていると思われます。

従って、電池を交換すれば性能が回復ということになるはずです。
エネループは自己放電が少ないので、充電された状態で放置しても
1年程度は大丈夫です。ただし過放電には注意しましょう。

ちなみにニッカドの方が過放電に強いです。(限度はありますが)

質問した人からのコメント

2013/10/17 01:27:05

抱きしめる 私のまとまりのない質問に的確に答えて頂いてありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/10/1618:18:26

模型の話ではないのでカテゴリ違いです。
ニッケル水素電池を1年も放置すればかなりの確立で壊れるでしょう。化学電池は生ものなのでそういうものです。
その手のものはまともな充電回路は搭載されていません。太陽電池の電圧たとえば1.5Vならニッケル水素電池の充電終始電圧がその付近なのでそれ以上はいくら光を当てても電流が流れず過充電にはなりません。
単純にそういう仕掛けです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rau********さん

2013/10/1613:44:11

電池は種類によって若干電圧が異なります。これは化学変化なので仕方ありません。
例えばマンガン電池は1.5Vですが、ニッケル水素電池は1.2Vです。
なので電圧が高い種類の電池だと明るくなるでしょう。
一瞬マンガン電池試してみてください。明るく光るでしょう。
それから充電が完全では無いなら暗く光るでしょう。

また太陽電池とLEDの間に充電地が入っているのなら
充電地が完全放電してしまうと、ある程度充電してあげないと点灯しないでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる