ここから本文です

金消契約の為の住民票移動についてです。 この度住宅ローンをくむに当たり、金...

tms********さん

2013/10/1822:46:10

金消契約の為の住民票移動についてです。

この度住宅ローンをくむに当たり、金融機関のほうから、金消契約前に住民票を新住所に移転させてくれと言われました。

(自分なりに色々と調べま

したが、これは登記費用を抑えるためであり、本来は違法な行為ですが、現実にはよく行われているようですね。)

我が家には小学2年の子がおり、今回転校の予定ですが、実際に転居するのは2学期が終わってからです。

このような場合、住民票を先に移してしまうと、書類上は市外の生徒のため、2学期いっぱいまで通い続けることはできないのでしょうか?
まずは学校の先生に相談をすればよいものでしょうか?

同じような経験のあるかた、いらっしゃれば教えていただきたいです。

(ちなみに我が家は夫婦共同名義のため、世帯分離をして夫のみの住民票を移すことはできません)

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
12,994
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2013/10/1913:08:56

団塊世代の不動産問題コンサルタントです。t

あなたの、住宅ローンを組む際に、多少、誤解も感じますので少しお話します。

先ず、住民票の事前移転で、「登記費用・・・」の理由?などの細かい細工を、果たして銀行側が考慮して本当に仕向けるのか疑問です。

すべての銀行が、必ず求めるか否かなど知りませんが、そして銀行の理由がどうなのかは不明ですが、不動産取引では、決済引き渡し時に、買主は新住所で登記するのが通常の流れです。

これは推測ですが、銀行から口にしたと言うのは、恐らく、金消契約書の買主住所と、登記簿謄本の住所が照合で一致していないと、同一人物か否かの確認のための作業に不要な業務になり、避けたのでしょう。(一般には不動産業者が指示します)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたは学校の関係での対処をここでお尋ねですが、これなどは、現実生活の話です。

実際に、通学している学校など、或いは関係機関に直接確認して、不動産取引も
学校も万事、完了にならなければ無意味に思われます。

国や自治体、各学校などにおいても、それぞれカラーがあるはずです。

あなたは、横ヤリを通そうとしている訳ではありませんので、正常な感覚で素直にあなたの希望通りにしてもらえないか、などを相談したらいかがでしょう。(学校の先生に、相談先を聞いたら良いかも知れません)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●また、不動産の売買取引で、なぜ新住所で登記するか、ですが、法務局の登記簿謄本に、何も、不要な旧住所で登記する必要などないからです。

仮に、旧住所で登記した場合、取引後の後年、必要があったら再度変更登記することにもなります。

そして、役所での住民票移転手続きですが、役所では建前として、
---既に移転しましたか?---と聞きますが、「しました」と返答する必要があります。

これは、役所では、「移転後に・・・」とされているのでしょう。実際には役所も便宜的な確認であることを百も承知なのですから。

以上、参考になれば幸です。
---------------
★なお、よければ私が作成した<知恵ノート>を参照してみて下さい。参考になる項目もあります。(上記公開ID<kenanami3150>を開けば表示されます)

★また、更なる質問があれば、「回答リクエスト」でもお受けします。
(上記公開ID<kenanami3150>から入り→左側「回答リクエスト」で可能です)

質問した人からのコメント

2013/10/21 22:36:28

皆様ありがとうございました。

あれから学校の先生に問い合わせ、学校のほうでも手続きの準備を進めてもらえるようで、少しほっとしました。

焦らずできるところから順番に手続きをしていきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hen********さん

編集あり2013/10/1918:52:39

>>自分なりに色々と調べましたが、これは登記費用を抑えるためであり、本来は違法な行為ですが、現実にはよく行われているようですね。

今は滅多にありません。
金消契約は融資実行の直前に行われますが、下記にもあるように融資の実行日は、「残金決済・引渡しの日」を意味します。

http://www.plan-service.co.jp/sumai/loannagare1.html

上記、ステップ5にある司法書士による登記申請のために、住民票の異動が必要なのですが、登記が出来ないと実行できない金融機関はまずありません。
また、下記のように転入届などの際に、事実証明などを要する自治体もかなりあります。

http://www.city.natori.miyagi.jp/kurashi/report/node_5181/node_5235

書類に問題がないことを確認して融資の実行を行い、住民票の異動が未了であれば、異動が完了次第、建物保存登記を行います。
(この段階では、金消契約時の引越し前の住民票を司法書士は持っていることになります)
通例は、建物表題登記の申請前、もしくは、登記申請中や完了直後までに、引越しをされる方がほとんどです。
建物表題登記は、引越し前の住民票で登記が出来ます。

ちょっと蛇足しましたが、ご質問は建物保存登記の際に登録免許税の減免措置を受けるために必要なだけなので、その際に必要とされる「住宅用家屋証明」が取得できればよいだけです。

http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/sumai/sintikuzokaitiku/syomeisyo/

上記リンクの「未入居の場合」に相当し、「お子様の通学の都合により、転入が来年1月になる」などの申立書を提出すれば、住宅用家屋証明書は発効されます。
住民票の異動は、実際の住所異動に合わせられたらよいと思います。

参考に、登記は現在の住所での登記になりますが、住所変更の登記はご自分で簡単にできます。

【追記】
kenanami3150氏の発言内容に疑問があります。

>>不動産取引では、決済引き渡し時に、買主は新住所で登記するのが通常の流れです。
中には、そのような事例があるとは思いますが、買主が住所を異動しない事例も多々あります。
また、今回のご質問の内容は、金銭消費貸借契約における住民票の異動についてのご質問であって、不動産売買などの取引については一切お尋ねになっていません。
金消契約において、不動産取引と全く係わり合いがないものも非常に多く存在します。

住民票の異動が必要になるケースは、不動産取引そのものに原因はなく、あくまで新築でも中古住宅を購入した場合でも、住宅用家屋証明を取得し、所有権保存登記や所有権移転登記の登録免許税の減免措置を受けたいという理由だけです。
また、所有者となる者が海外を含めた単身赴任をしているケースもあるし、今後も転勤などにより住民票の異動が発生する方もいる。
離婚により住所が変わる人もいれば、結婚により姓が変わる方もいるし、返済が滞り任意売却をする方もいる。
金融機関にとっては、返済の義務がある人が同一人物であれば、居住先の住所にこだわる意味合いが初めからありません。

son********さん

2013/10/1823:15:53

事情を説明すれば、学校は大丈夫だと思いますが、無理でしたら、子供だけ残す事は可能だと思います、、、市役所でダメと言われたら、、今は賃貸でしょうか?、、大家が近くなら大家に頼んで大家の所、子供だけ移す事も出来ます、、、以前、親戚の子だけうちの住所に住民票をうつしたことがあります、、、これを寄留と言うらしいですが、子供の郵便物は来たことはありませんでした、、、学校は知っていました、、、

coc********さん

2013/10/1823:06:02

2学期迄でしたら問題無いと思います。住民票移動の際、転出元の教育委員会(役所内?)に行く事になりますが「卒業まで!」とかでなければ2学期中は、現在の住まいから通学する事を伝えれば大丈夫です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる