ここから本文です

日本政府は借金が多いから・・消費税増税も仕方がないと考えている人たちがいる様...

ミウラ キヨミさん

2013/10/2316:26:21

日本政府は借金が多いから・・消費税増税も仕方がないと考えている人たちがいる様な感じです。国が更に借金を増えれば更なる増税策が決められた場合・・

国家の借金が増えたから、増税も仕方がないと考えるのでしょうか。
これなら、国が借金を増やせば、次なる増税がやって来ると思います。
納税者は何処までいいなりになるのか。何故、こうなるのか。
どう考えますか。

閲覧数:
685
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qa1********さん

編集あり2013/10/2510:43:05

『消費税増税も仕方がないと考えている人たちがいる様な感じです。国が更に借金を増えれば更なる増税策が決められた場合・・ 』

そうなんですよ。そこなんですよ。日本国民の真面目さが逆手にとらわれているのです。

それに消費税の創設と増税こそが、日本の財政破綻を急カーブで加速させてきました。消費税を作ってから日本経済は停滞し、日本は悪くなってきました。

また消費税増税は、支出の拡大、特に社会保障分野でのを招いてきました。今回もそれは変わりません。
例えば最近でも厚生省は消費税増税分で社会保障費を増やそう(診療報酬の改定)としていますが、過去の例をみても消費税増税は常に歳出を増やす作用もあります。

しかし、そういうことを無視しても、消費税増税が完全にうまくいったとしても、そもそも消費税8%はほとんど財政再建に関係ないし、10%でもほとんど無意味なので、おっしゃるように、同じ発想で20%、30%、40%と消費税を上げていくことになります。

年金などの今の水準の社会保障を消費税増税で将来的に補おうとすれば消費税率60%以上でも足りません。

国の借金残高1000兆円といいますが、名目成長率3%でも単年度収支でも2020年は財政赤字が50兆になるので、この規模の消費増税はそもそも焼け石に水ですし、消費税増税はその前提の名目成長率3%自体をも破壊します。

消費税は計画通りいつても財政再建の力はわずかしかありませんが(実際には逆に消費税増税をやらなかった場合と比較してトータルの税収をへらすのだが)、経済を不況にさせるのにはすごい力を発揮します。消費税の創設と増税は、過去においても、財政破綻を加速してきました。今回も同じ方向に進みます。

今回の消費税増税はGDPを3パーセントくらい引き下げる力を持っています。それに対して短期的には、アベノミクスのうち公共投資等で補う形になります。そのため、しばらくは経済は綱引き状態が続きますが、、そのうち綱引きの副作用もでますし、毎年巨額の財政投資をできるわけはありません。そういう中で方向は不景気に向かっていきます。

ここでまた、さらに10%に増税すれば、経済成長は5、6%引き下げとなりますので、さらに不景気は悪化していきます。賃金と雇用も悪化していきます。 もちろん財政赤字も増えていきます。

質問した人からのコメント

2013/10/29 21:53:12

成功 みなさん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moj********さん

2013/10/2617:19:56

「国の借金」確かに、名義的には国の借金です。

しかし事実上は、国家公務員の作った借金のはずです。

「国」は人じゃないから、人格も何もありません。法的に便宜上、国という組織に責任能力を持たせているにすぎないのです。
「国」の失敗は「国家公務員」の失敗、「国」の赤字は「国家公務員」の赤字、と考えるのが本来でしょう。

それを「国」という人格無き組織にかぶせて、国民全員の連帯責任にみせかけているにすぎません。

会社員なら会社が赤字になればやがて倒産し、職を失いますが、国家はカンタンに崩壊しませんから、国家公務員はお金が足りなくなっても自分達の利益を確保し続けます。「頭がいい」人間の既得権です。

頭がいいから官僚になったつもりの人たちでも、赤字しか生み出せないなら「運営を失敗した人たち」なわけですが、彼らは直接の攻撃を受けないように、見事な2重構造を構築しています。それが、政治だと思います。

政治家は、かれらの操りロボットですから、「どこの政党が政権をもっても、誰がやっても同じ」なのは当たり前。
法律の知識も無い人たちが立候補してくれる上に、任期が終われば選挙がやり直しなおかげで、知識が付く前にはお払い箱になる政治家達は、国家公務員の言う事を聞いて国会??をするしかなく、あぶく銭をもらって使い捨てになって行くわけです。

立候補をして落ちたら「ニート」になるのが政治家。立派な実業家や知識人が命を懸けて立候補するなど稀な話。
大半は、まともな職にもつけない人が、捨てる者がないからこそなれるのが政治家。

そんな政治家に国家公務員を操作するなど、土台無理なんです。

国家公務員は「ジャニーズ事務所」で政治家は「アイドル」です。
スマップのメンバーが「脱ジャニーズ、独立するぞ!」と叫んでも、芸能界から消えるだけ。

政治家が「脱官僚」と叫んでも、意味はほとんど同じです。


結局、天下りは存続、国家公務員の給料は「形だけ」減給、消費税を上げてでも自分達の裕福な暮らしは手放さない。

しかし、彼らが法に守られている上、その法律を彼らが作っている以上、これを覆すには「テロ」しかないわけです。


もちろん、日本にそんな事が出来る人はいないでしょう。

なぜなら、日本の法律は人を「死ぬかもしれない」というところまで追い込まない様に作られており、
そのひとつが「生活保護政策」でしょう。そこが大昔とちがうところですね。

だから、「いっそ生きるか死ぬかの大勝負」でテロを起こす人がいないのだと思います。



結局、なんと文句言ったって無駄です。
別に安部さんが「増税したい」わけじゃありません。彼がどうあがいたって、増税しか仕方ないように仕組まれているのです。

奪う者と奪われる者の関係でいうと、日本国民である以上、安全と引き換えに、全ての富が国家公務員に吸い上げられるようにできているのです。このロジックを壊せる人は、今はいません。


そして、それが崩壊する時があるとすれば、先述のとおり外国から戦争をしかけられたときです。
この国から安全が奪われた時、もはや国家に搾取され続けながら我慢する理由がなくなり、命がけで立ち上がる人たちが出てくるでしょう。国家が一番恐れている「百姓一揆」が起これば日本は終わります。

終わった後に新しい国家を作れば、50年くらいは良い形で機能するかもしれませんね。
古くなったら腐るのが国家でしょうから、もう、すでに賞味期限は切れています。


「弱腰外交」は、この、「官僚政治の崩壊の原因となりうる最大の問題である戦争」を意地でも回避するための手段だと思います。

アメリカのおもちゃにされ、韓国に好き放題言われ、中国に馬鹿にされ、それでも立ち向かう事なく、かわし続ける。
これも全ては彼らの利益のためです。

grt********さん

編集あり2013/10/2512:21:49

税金の無駄使いをしている人たちは 自分は改めずにすべてを国民負担にすると言う明確なビジョンを持っています。
本来なら一気に消費税30%くらいにして所得税も大幅に増税したいと考えています。
景気回復なんてどうでもいいんです。
ただ一気にやってのけようとすると猛反発が来るのでじわじわ 景気回復を考えているふりをしてすこしずつ増税を容認させて我が世の春を謳歌したいだけです。

ですが、国民の方はバカが多いので 増税は仕方がないとか あるいは中国韓国に敵意を燃やして軍事費増強のために増税をしろなんて本気で思っている馬鹿が知恵袋の回答者にもいます。

結果、官僚と政治家と経済界がタッグを組んで国民から搾取する構造ができるのです。

このままいけば日本に残されていくのは
・大増税
・放射能をまき散らす恐れのある発電所
・安全性のない遺伝子組み換え作物
・人権をごっそり削る自民党案の憲法
・移民受け入れやTPP さらに所得増加無し物価高政策により海外との人件費や物価との格差拡大。その結果雇用が外国人にシフトして日本人労働者の給与低下


日本から失われるのは
・安定した生活
・自然エネルギーによる発電の駆逐
・安全性の高い国産の農作物
・人権と自由がある程度保障されている憲法


こんな国が衰退するのは目に見えています。

lol********さん

2013/10/2422:23:59

借金不足の日本経済では、政府が借金を増加させなければ確実に国民が貧困化しますが、借金の増加と貧困化の両方を拒否する世論が問題を長引かせています。
日本が経済成長していた頃は、以下のように全体で借金が増加していました。

1965年の政府負債:5兆6803億円、民間負債:63兆0478億円
1996年の政府負債:468兆3899億円、民間負債:1638兆0468億円
2012年の政府負債:1095兆6344億円、民間負債:1340兆4468億円

1965年から1996年の国内合計負債増加率は年平均11.67%、経済成長率は年平均9.18%
1996年から2012年の国内合計負債増加率は年平均0.47%、経済成長率は年平均-0.46%
(出典:日本銀行資金循環統計、政府は地方自治体を含む)

本格的な不況になるのは1997年ですが、そこから借金は増加しなくなり、経済は完全に停滞しています。
これは、貨幣が全て借金で成立するからです。
日銀が貨幣を発行しても国民に配るわけではないので、最初に流通する貨幣は誰かが借金して使う必要があります。
日銀が銀行に貨幣供給→国民が銀行から借りて経済に流通→負債者が労働を通じて経済から貨幣を回収し返済、というのが基本的な貨幣循環です。
この循環上、国民の金融資産は全て借金であり、返済が多くなると金融資産は消滅します。

また、国民は循環している貨幣の一部を常に貯蓄します。
貯蓄が発生すると貨幣循環(国民所得)は減少するので、金融機関は国民の貯蓄も貸して循環させるのですが、貯蓄以上の借金がないと国民所得は減少する一方です。
このため、経済成長する国は必ず全体で借金が増加し、借金が少ない国は不況になります。
参考に、欧米における近年の負債推移も抜粋します。

米国
2003年の民間負債:40兆1327億ドル、政府負債:7兆1065億ドル
2007年の民間負債:57兆5663億ドル、政府負債:9兆9283億ドル
2012年の民間負債:57兆4788億ドル、政府負債:17兆1825億ドル

2003年から2007年の合計負債増加率は年平均9.33%、経済成長率は年平均5.92%
2007年から2012年の合計負債増加率は年平均2.03%、経済成長率は年平均2.25%
(出典:FRB, Financial Accounts)

EU
2003年の民間負債:22兆2828億ユーロ、政府負債:6兆946億ユーロ
2007年の民間負債:32兆7868億ユーロ、政府負債:6兆9744億ユーロ
2012年の民間負債:33兆5006億ユーロ、政府負債:10兆5294億ユーロ

2003年から2007年の合計負債増加率は年平均8.79%、経済成長率は年平均4.58%
2007年から2012年の合計負債増加率は年平均2.06%、経済成長率は年平均0.99%
(出典:ECB, Euro Area Accounts)

サブプライムローンが崩壊する2007年から状況が一変しました。
民間負債の増加で高成長していた欧米ですが、バブル崩壊で民間負債が減少に転じ、政府負債を激増させています。

自己利益を追求する民間では、不景気で予想利益が低下すると借金を削減します。
民間は利益を拡大するために借金するので当然ですが、そのような国民の合理的行動が経済に悪影響を与える事を経済学で合成の誤謬と言います。
この結果、経済は借金減少と所得減少の縮小循環に陥るのですが、公共組織には利益の必要がなく、国民のために借金する事が可能です。
収入減少に対して支出を拡大する政府は民間から見ると非合理的なので批判が集中しますが、政府を民間と同じ理屈で考える事は出来ません。
日本円が不足しているなら日銀に貨幣供給させて借金すればよく、政府は不景気でも安定して借金できる唯一の存在と言えます。

一方、外国への支払いには外貨が必要なので、外貨不足の国は破綻する事があります。
国内で流通しない外貨を獲得するのは困難で、通貨価値が低い国では外貨を購入する事も出来ないため外国から借りるしかないですが、これを返済するには借金以外の外貨獲得方法を確立する必要があり、端的に言えば通貨価値(信用)を高めないと破綻します。
しかし、日本は円高に苦しむほど通貨価値が高く、過去の為替介入により世界第2位の外貨保有国となっているので外貨を借りる必要がありません。
ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマンも、日本に債務危機は存在しないと断言していて、完全雇用を実現するほどの財政拡張が必要と提言しています。
http://p.tl/JtG2

外貨が不足するのは、国内の消費が旺盛で外国に対する支払いが増加する時ですが、それほど消費が増加するなら確実に好景気なので税収も増加します。
単純に考えて、経済全体で消費しすぎている国は破綻しやすく、消費していない国は破綻しにくいので、20年間も国内の借金が増加せず、消費不足に苦しむ日本を借金大国と考えるのは間違いです。
外貨不足であれば増税・歳出削減で景気を抑制する必要がありますが、消費不足の国でそのような事をしても所得減少と税収減少を繰り返すだけで何も解決しません。
財政赤字を批判する世論が増税を招くのですが、経済が衰退しても批判されるため、増税と財政拡張を同時に行う矛盾が発生してしまいます。

sdp********さん

2013/10/2413:40:47

確かに1300億円の国立競技場予算がなぜか3000億円に大幅値上げになっています。

文科省全員の給与を下げて調整しろ。

nar********さん

2013/10/2318:45:55

日本政府の借金、それを貸しているのは国民です。
国民は借金を背負ってはいません。
国民は政府に対して”いい加減にしろよ”
と言ってやらなければなりません。

集めた税金と国債発行による借金を
既得権益仲間と分け合っているうちに額が多くなり過ぎたのです。

愚民は自分たちの借金だと言われ、仕方がないと思っているのです。

既得権益仲間とは
官僚
政治家(自民、公明、民主、維新、みんな・・・)
マスコミ
大企業

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる