公務員出身の小説家の方が多いように思います。 宮部みゆきさんは、裁判所の書記官とか? 篠田節子さんは市役所、藤本ひとみさんも? 小説をゆっくりかける時間の余裕があるからでしょうか?

公務員出身の小説家の方が多いように思います。 宮部みゆきさんは、裁判所の書記官とか? 篠田節子さんは市役所、藤本ひとみさんも? 小説をゆっくりかける時間の余裕があるからでしょうか? 他に公務員から小説家になった人を知っていたら教えてください。

小説4,993閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

阿刀田高さんは国立国会図書館の職員(国家公務員)だったことがあり、笹沢佐保さんは郵政省簡易保険局にお勤めだったことがあるそうです。 また、北村薫さんは埼玉県立春日部高校の先生だったときに覆面作家としてデビューされたそうです。 ちなみに、kusirosiさんの回答で上がっている堺屋太一さんは通商産業省(今の経済産業省)にお勤めでした。

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

小説を書く時間を確保するために、公務員になったんじゃないかと 思います。

0

森博嗣氏は元国立N大学の助教授だったので(辞めた今も「粘塑性流体の数値解析手法」の研究は 続けておられるみたいです)、国家公務員にあたります。 氏の著作によると、一日のうち、最低15時間は大学で研究をして、睡眠は5時間。 1時間で通勤、食事、入浴などをし、執筆に使えたのは3時間ほどだったとか。 デビュー後はさらにゲラを見ないといけないため、1時間くらいしか使えなかったそう。 それでも作品は4ヵ月に1度は刊行されるというハイペース。 96年のデビューから現在も書き続けていらっしゃるのは凄いとしか言い様がありません。 こちらは毎日更新されているブログです。 http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php/