水道水についてお聞きします。水道水には多分に塩素が含まれておりますが、それが原因でこの国ではT1細胞とT2細胞のバランスが取れずにア花粉及び様々なアレルギーが発症しているというのは本当でしょうか?

水道水についてお聞きします。水道水には多分に塩素が含まれておりますが、それが原因でこの国ではT1細胞とT2細胞のバランスが取れずにア花粉及び様々なアレルギーが発症しているというのは本当でしょうか? 生まれた時からミネラルウォーター育ちでは、多少体に対する免疫力も水道水に比べて変わるのでしょうか? もちろん食べ物も大きな原因と言えますが、水道水の塩素って浄水場から距離が離れれば、離れるほど塩素濃度が高いときいております。その辺の事も詳しく教えてほしいです。

花粉症、アレルギー140閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

T1とT2バランス説はまだ明確な結論は出ていないと思います。アレルギーが何故起こるのかについての機序は解明されていますが、何故アレルギーになる人が増えているのか?については分かっていません。 シャワーやお風呂で塩素が皮膚についてアトピー性皮膚炎を起こすという説がありますが、何倍も塩素濃度が高い水泳をしている人にアトピーの人が特別多い事は無いという事実からも、その説は間違っています。 水道水は、時間が経てば塩素は自然と抜けていきますし、お湯を沸かせばほぼゼロになります。また、水道水を直接飲んでも体内には強力な塩酸である胃酸があるので、塩素は全て胃酸に変わり全く問題にはなりません。 塩素濃度は、浄水場から離れるほど濃度は低くなります。最も離れた所で塩素濃度を元に、浄水場で塩素濃度を調整しています。欧米では1ppm前後にしている所が多いですが、日本では2~5ppmとなるように調整している自治体が多いようです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。俗説、都市伝説って事なんですね

お礼日時:2013/11/18 4:39