ここから本文です

アベノミクスの問題点を教えてください。 あと安倍氏は石破幹事長を次期ポストで ...

sig********さん

2013/11/1911:41:45

アベノミクスの問題点を教えてください。
あと安倍氏は石破幹事長を次期ポストで
どういう待遇をすると思いますか?

補足私は消費税増税には賛成なんですが皆さん反対なら社会保障の財源はどうするのでしょうか?確かに充実とはいきませんが、社会保障費への足しになると思います。財政破綻してもいいなら増税反対でも良いと思うのですが如何せんもう赤字国債も厳しいそうです(国民の総所得が1400兆円で債務残高が1000兆円。しかも1400兆円のうち400兆円は借金のようです。これ以上赤字国債も発行できないくらい厳しい財政事情です)。

閲覧数:
321
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fvl********さん

編集あり2013/11/2013:42:37

一方的な増税で景気が悪化して税収が減りかえって国家財政が悪化することがわかっていない質問者に

何を説明してもザルで無駄だと思うけどねぇwwwwww

>社会保障費への足しになると思います。

消費税は特定財源ではありません。
そうでなくても既にTPPで”聖域は絶対に守る(去年の衆議院選挙前にはそんなポスターもありましたな)”と公約していながらそれを反故にしようとしたりしている虚言癖に何を求めるんだか?

>財政破綻してもいいなら増税反対でも良いと思うのですが

はっきり言うけど増税しまくりの方が経済を縮小させて財政破綻に近づくのは常識だし、
増税官僚が天下り先で数回渡りを繰り返すだけで2億円とも3億円とも言われる法外や役員報酬や退職金を貪っている中で
(さらに不採算事業による税金投入も重なる)
その泥棒が目指す大増税政権に隷属して黙々と重税に甘んじるくらいならば財政破綻させたほうがマシだろ?
そうしないとこの構造はスリムにならないぜww
この結果増税を支持ずる人間は預金を失ってざまあみろ。増税が財政破綻に近づけることを理解している賢い俺たちはその前に預金をおろして助かるからねw
アベノミクスなんてものは格差社会を目指すものなのだから常識のわからんバカは敗北者になり賢い人たちは難を逃れて勝者になる。そのどこが悪いんだか?

安倍政権によるTPPや消費税増税なんて、日本国民が一致団結して共に歩んで国を栄えさせようなんて話じゃなくて、既に強いものが弱いものを蹴落とす弱肉強食の社会なんですよ。そこで増税容認なんて自分から弱者になろうとするただの馬鹿なんですよ。

実際増税で財政破綻を早めると思うのでアンタそれまで預金を下ろすなよwww そのまま資産を紙くずにしちまえww

質問した人からのコメント

2013/11/20 14:23:13

爆笑 fvllfobb477474君は所謂消費税が上がると生活できないから必死になって反対してるんでしょ(笑)?毎日毎日ストーカーして楽しいかい(笑)?今年1年君はストーカーしましたなぁ(笑)。人に迷惑をかけて罪の意識がないところを見ると、この先犯罪を犯しそうですな(笑)。人の生活を破壊させてまでストーカーしちゃいかんよ(笑)。取り敢えず犯罪だけは犯すなよ(笑)。皆様変な回答者が来た為迷惑をかけました。有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lol********さん

2013/11/1921:53:39

2012年の国民総所得は490兆9387億円でしたから、1400兆円も存在しません。
日本国内の家計金融資産の事を言いたいのだとすれば、日本の家計金融資産は2013年6月末時点で1590兆1054億円、負債は356兆6053億円です。
当然ですが、日本国内には家計以外も存在するので、政府・企業(金融機関を除く)・家計を合計した国内金融資産は3051兆5390億円になります。
負債も家計以外のものが存在しますが、これは以前の回答で書きました。
繰り返しで申し訳ないですが、金融資産は全て負債で成立していると言った通り、金融機関なども含めた金融資産総額と負債総額は必ず一致するのが統計上の基本なので、その中の政府負債と家計金融資産を比べても意味がないです。
経済において負債が増加した時点で、同じだけ誰かの金融資産も増加していきます。

riv********さん

編集あり2013/11/2008:56:46

アベノミクスには問題はありません。
現在アベノミクスと逆行する政策が行われていることが問題です。

消費税増税
明らかにデフレ脱却にはブレーキになります。
TPP
これは仕方のない部分もありますが民主政権よりはまともな交渉をしてなるべく骨抜きにしてもらいたいです。
成長戦略の政策実行
成長戦略なるものの多くは「効率化」で「供給能力の向上」になります。
ということはデフレからの脱却には明らかなブレーキ。
本来この政策はデフレ脱却以降に少しづつやるべきことでしょう。

財政出動もあちこちで反対が多くてまともに実効で競うにありません。
震災復興は供給能力が足りないために予算が執行できない。地元がまとまらないので復興計画が実現化していないなど。
今になって「財政健全化」なる勢力が財政出動に圧力をかけているようだ。

「財政健全化」どうも言葉は綺麗だが明らかに今の日本にとっては害にしかならない。

>石破幹事長を次期ポストで どういう待遇をすると思いますか?
まだわかりません。少なくともある程度のポストを要求できるだけの力は持っています。
しかし安倍さんはこの人を自分の後継者としては考えていないようです。政権を渡す気はないようです。
党の幹事長ですから、これ以上党内には置けないかもしれません。となると閣僚ということになります。
防衛、農水、経産、総務。国交、とこの辺りでおさまって欲しいですね。
財務、外務ななるとちょっと恐ろしい。
*-------* 追加
>私は消費税増税には賛成なんですが皆さん反対なら社会保障の財源はどうするのでしょうか?
橋本政権の3%~5%の税率アップの時も税収は下がっています。近頃イギリスで付加価値税の税率を上げましたが税収は下がっています。
国税庁が3年前の国会で答弁しています。
「デフレの環境で消費税率を上げても税収は上がりません」
目的は税収を増やすことでしょう。であれば消費税増税は逆行する政策なんです。
つまり今度の消費増税では社会保障の財源なんて出てこないのです。
私は「消費増税反対」ではありません。デフレ脱却してから行うべきだと主張しています。

「財政破綻」というのも一種のプロパガンダです。
日本の国債が破綻することなどありえないのです。
1 日本の国債の利率は世界でも最低水準
2 CDSレート(国債が破綻した時の為の保険の料率)も世界で最低
3 日本の国債は自国通貨建て(円建て)
どうやっても破綻などしないのです。

国債が無限に増えていいと言っているのではありません。財政規律は重要です。
しかし現状を必要以上に悲観視していては政策を誤る。楽観でも悲観でもなく冷静に見ましょう。

tak********さん

2013/11/1912:46:49

アベノミクは、経済を良くすると言って国民の関心をむけさせ、その間に、憲法改正、中国と戦争をするのが目的でした。
しかし、4ー6期の景気はまずまずで、消費税増を決めましたが、7ー9期はそれほどでもなく、三本の矢の効果も無くなってきました。結果、トヨタに象徴されるように、輸出起業がもうかり、エネルギーをはじめ輸入企業や電機関係はめためたです。70才以上の老人も保険料が2割負担という、社会保障も破れかぶれの状態になりつつあります。
要は、日本には、自由に使えるお金は少ない……借金だらけなのですね。

sil********さん

編集あり2013/11/1917:03:15

消費税も他の方がすでに述べているように問題ですし、
インフレは庶民の所得が向上するのが前提でやるべきですが放置されたままです。

貧困格差は放置されたままで、雇用の確保は日本経済新聞にまで疑問視されるほどのいい加減さです。

生活保護の削減によってブラック企業はますます有利になり、搾取的労働が更に増えます。
生活保護は労働力の需要と供給のバランスを保つ役目もあるからです。
それが崩壊して、労働条件全体が悪化して、要するに労働力の買い叩きですね。

消費税は社会保障のためのものではありません。騙されないで下さい。
大企業や資産家が税金を払いたくないという要請をした結果制定されたのが消費税です。

ali********さん

編集あり2013/11/1919:18:37

アベノミクスの問題点と言うよりも、アベノミクスに逆行している事が問題です。
如実なのは消費増税。

アベノミクスはインフレ期待を高めて景気を請うてんっせると言うのが結構肝なんですが、消費増税なんて正に其れを真っ向から潰しかねない方策ですしね。

石破さんねえ・・・問題ですね、あの人は。権力志向強いからね。
下手に放置すると反対勢力になっちゃうし、近づけすぎても影響力持っちゃうし・・・基本的には今のような立場においとくのが一番じゃないかと。

>社会保障の財源はどうするのでしょうか?

増税して財源が生まれるなら別に反対はしません。
過去の実績から言えば、消費増税すると一時的な駆け込み需要の後景気は冷え込み、全体税収が下がります。
結果的に消費税の増収分さえも消費が冷え込むので目論んだほどには達せず、所得税と法人税の減収分と差し引きで全体税収は下がりました。

現在も、過去にこれを行った時同様でデフレからの脱却は未だの状態です。

また、景気が回復しており、経済成長の過程にある時期ならば消費増税に反対もしません。
その時期であれば消費増税によって景気は確かに冷え込みますが、元々好景気で経済が過熱気味と言う前提なので返ってバブルに至らないようなセーフティと成りますので。

このデフレ不況下で増税すると財政再建が返って遠のき、財源不足が更に深刻になるので反対しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる