ここから本文です

油粕と発酵油粕とでは肥料としての効果が違ってくるのでしょうか? また、100円シ...

ts1********さん

2013/11/2221:58:52

油粕と発酵油粕とでは肥料としての効果が違ってくるのでしょうか?
また、100円ショップの油粕(中国産)も
何ら変わらない物なのでしょうか?

閲覧数:
8,400
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ana********さん

2013/11/2302:57:42

効果に大差はなく、中国産も同じです。

ちなみに、国産の油粕も、原料となる「菜種」は中国産が多いので。

生の油粕を肥料として使うことも多いのだが、臭いが出るのと、虫が湧くのが欠点です。

また、醗酵させた物は固形の物が多く、使い方が簡単で臭いも少なく、虫の発生も少ないです。

油粕は窒素分に偏っているので、醗酵させた物はリン酸やカリを補っていることが多いです。

質問した人からのコメント

2013/11/27 21:45:43

参考になりました
ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

meg********さん

2013/11/2315:09:26

ナマの油粕は、これから腐熟するときに多少ともNが失われます。完熟油粕はもはやNがガス化して散逸することはないでしょうが、油粕は自然のものですから成分含量が一定しません。だから初めから比較できることではないのです。同様の理由で、中国産と日本産も比較のしようがありません。

ただ多少の成分含量の違いを無視するなら、違いはないと思って良いです。実用上はそれで十分です。そもそも初めから、神経質に比較しようとするのが無意味です。施肥方法などの他の条件も関係します。

ま、中国産のことですから、信用できるとしての話ですが。私なら、今までいろんなもので何度も騙されていますから、油粕のような外観では判断できないものは買いませんね。

txr********さん

2013/11/2314:43:27

当たり前ですが、油かすは肥料です。肥料でないという下の回答は大間違いです。(じゃあ園芸コーナーに売っている油かすはなんだと思っているのでしょうねw下の方はw)

効果としては
生のものは効き始めるのに時間がかかりますが、発酵させてあるものは比較的早く効き始めます。これがもっとも大きな違いです。

生のものは主に元肥として使い、作付けする数週間前に土に事前に混ぜておくのが一般的な使い方です。
発酵させたものはすでに一次発酵が終わっているので、作付けのすぐ前に使っても根が焼けるなどのリスクが少ないので、安心して使えます。また、追肥としても使いやすいです。

油かすならたいてい何処のものでも似たようなものです。中国だからおかしいとか危険とかはありません。

suz********さん

2013/11/2309:48:22

油粕はしぼったかすそのまま乾燥させたものなので肥料ではありません。発酵させて肥料になります。
入手できる油粕は殆どが中国産と認識しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる