こんにちは。 女子中学生です。 私はボカロが好きです。 周りの友だちもほとんどボカロが好きです。 でも、やっぱりボカロの良さが分からない、と言う人も周りにはいます。 この前「ボカロ

こんにちは。 女子中学生です。 私はボカロが好きです。 周りの友だちもほとんどボカロが好きです。 でも、やっぱりボカロの良さが分からない、と言う人も周りにはいます。 この前「ボカロ のどこがいいの?」と言われ、回答に困りました。 私はただ単にミクとかGUMIとかがすきだから聴いていたので… もちろん、人には感じ方の個人差があるので、ボカロが嫌いな人がいてもいいと思います。 しかし、ボカロの良さを知ってもらいたいです。 皆さんだったら、どんなボカロの良さを伝えますか? また、歌詞の奥が深い曲もできれば教えてください。

音声、音楽144閲覧

ベストアンサー

0

私もボカロを聴きます。 聴く側が感じる良さを言えば、 ・音程を外さないから安心して聴ける ・作曲者にもよるが、あまりクセがない ・人間には出せない、または難易度の高いメロディでも正確に歌っている といったところでしょうか。 歌詞が深いというか、動画と合わせて聴いて深いなと思った曲は、sasakure.ukさんの"*ハロー、プラネット。"という曲です。 もう既にご存知であれば申し訳ないです。 ここからは余談なので、読んでも読まなくてもかまいません。 もともとボカロが支持を得ることができたのは、作曲者にとってのメリットが多かったからだと思うんです。 つまり一々人件費がかからないだとか、レコーディングする手間が省けるだとかそういうことです。 それがキャラデザなんかが話題を呼び、いわゆるオタクと呼ばれる人たちから注目されるようになり、次第に広まっていき今のようにたくさんの人たちが聴くようになった。 ボカロに音楽としての良さを感じている人は少数だと思うんです。 私がボカロを聴くのだって、「たまたま好みの曲だったから」聴いているわけで、ボカロだから聴いているわけではありません。 「○○さんが作った曲だから聴く」という人もいますが、それもその人が作った曲であれば必ずしもボカロでなくても良いわけです。 「でも歌い手さんがカバーするとやっぱり違和感を感じる」というのは、その曲がボカロ用に作られた曲だからです。 「ボカロだから聴く」という人も、そのほとんどはキャラが好きという人です。 これらはJ-POPなんかにも通ずるのですが、歌に魅力を感じて音楽を聴くという聴き方があまりされなくなっているように感じます。 だから聴き手にとっての良さと言っても『ほとんどの曲が無料で聴ける』などという、音楽以外でのメリットを語るしかなくなるのです。 しかもボカロは「機械の声」ですから、どうしても不自然な出来上がりになってしまう。 ボカロに慣れた人かよっぽどの音楽好きでないと、ボカロに対して嫌悪感を抱いてしまうのは仕方がないのでしょう。 確かにボカロを聴く者としてはもっと定着してくれると嬉しい気持ちはありますが、難しいでしょうね…。 長々と失礼しました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

長文ありがとうございました! 皆さんの回答を見ていると、ボカロが嫌いな人がいてもいいんだなと思えました。 確かに、回答者様のおっしゃるとおりです。

お礼日時:2013/11/24 8:04

その他の回答(2件)

0

私はボカロ曲が大好きですが、ボカロだから良いって訳じゃ無いですよ。 Pさんが良いんです。 たまたま好きな音楽が、ボカロ曲だったってだけの事。 じゃあ、ミクの曲なら何でも良い?GUMIの曲なら何でも良い?違うでしょう。 あくまで、Pさんという作曲家さんの作品が良いというだけの話。 ボカロが良いとか悪いとか、そういう観点で考えると、大事な事、曲自体の事を見失いますよ。 だから私なら、ボカロの良さなんて語りません。Pさんの良さを語ります。 同じPさんが作った曲。ボカロが歌っても、人が歌っても、どちらも良い曲です。 なので、ボカロの良さとか悪さとか、ボカロ中心で語ること自体がナンセンスです。

0

自分の好きなものを他の人にも好きになってもらいたいという気持ちは あっても当然不思議ではないものの、価値観の相違とか好みの違いとかで やはり直感で分からなければいくら言葉で説明しても説明しきれないと いうか、不可能でしょう。 逆に他人が好きなものをいくら一生懸命説明されても自分が興味なければ 全く分からないでしょ? 同じことだと思います。 「どこがいいの?」は無粋というか、そんなこと聴くべきじゃないと思い ますよ。 あと、どうしても電子音というか合成音が苦手という人もいます。 ある程度聴き慣れてしまうと感じなくてもそれまでは違和感があったりと 好きに慣れない人は多くいると思いますし、あとは先入観とかで避ける 人もいます。 仕方がないんじゃないかなと思いますけどね。 先入観や偏見に関しては一応、プロだって普通に使っているツールですから 何も特別なものではありません。 電子楽器、シンセが登場したばかりの頃だってあんなものは楽器じゃないとか さんざん言われまくりましたが、その繰り返しに過ぎません。 その当時に比べればずっと電子音に慣れている人は多いしマシだと思いますよ。 ただ、当時はネットがなかったからそこまでの世間一般の声が目立たなかった だけで。