ここから本文です

狂歌ですが現代語訳して頂きたいです。なんとなく理解できますがちゃんと表現する...

rin********さん

2013/11/2918:35:17

狂歌ですが現代語訳して頂きたいです。なんとなく理解できますがちゃんと表現する事ができません。宜しくお願い致します。「をのが名をいつくりかえしすりといへ人の葡萄をぬすみくらへば」

この狂歌とリスが葡萄を食べている画賛のお軸です。

閲覧数:
229
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a_b********さん

編集あり2013/11/2919:17:27

・・・?
この翻字された狂歌は不審です。三句目末「いへ」は、已然形なら逆接の意とも解釈できますが、下の句が条件節で、上の句は趣意・結論を述べたものであるはずです。そうなると、「いへ」は「言ふ」の命令形と思われます。
この翻字のままですと、「いつ」を「いつも、常に」と解釈し、「くりかえし」を「繰り返し」と解釈するよりありません。「未来永劫、改名せよ」という句意となります。しかしこれでは句意が教戒的となり、私にはあまり狂歌らしく感じられません。
私がひそかに疑うのは、「い」という翻字は「ひ」の誤りではないか、という可能性です。「比」と書いた墨がかすれて「以」に見えたのではないか、と疑っています。原本なら筆勢などでわかるでしょうが、版本や画像では起こりがちな翻字の誤りです。
「ひつくりかえし」なら「引っくり返し」で、句意も軽妙で言葉遊びによる、いかにも狂歌らしい解釈になるように思います。

私訳(示された翻字を尊重して「い」のままとして読んだ場合の訳を≪ ≫、「ひ」の誤りと見なして読んだ場合の訳を( )で示しました)
「自分の[りす(栗鼠)」という名前を(上下ひっくり返して)≪常に≫「すり(掏摸)」と≪繰り返し≫言い改めなさい。他人の丹精して拵えた畑の葡萄をこれ、このように盗み食らっているからには。」

質問した人からのコメント

2013/12/1 14:35:02

降参 ありがとうございました。わかりやすく説明下さり感謝致します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる