ここから本文です

示談成立後の被害者請求

fyunopopopoさん

2013/12/221:14:39

示談成立後の被害者請求

交通事故の自賠責における被害者請求について質問です。

加害者との示談成立後、自賠責に被害者請求することは可能でしょうか?
請求は可能だけど、実際には払われることがないとか、そもそも不可能だとか、実際どうなのかお話を聞かせてください。

補足kuremusentaさん

実際に起こっていることではありません。ただ、どうなるのか気になったので質問させていただきました。
ですので、二重請求ということではありません。


bs124pさん

傷害の場合を前提に想像していました。
示談が成立してもその時点で賠償金を全額支払うわけではないだろうと考え、
と、なると示談だけは成立しているが賠償金が支払われないということもあるのかなと思い質問させていただきました。

閲覧数:
3,485
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cawatieさん

2013/12/312:48:13

良い質問ですね。

結論: 「加害者との示談成立後は、自賠責に被害者請求して、損害賠償額の支払を受けることはできない」を回答とします。

理由: 加害者に対して自賠法3条に基づき、損害賠償請求を行い、示談して解決していることを前提とします。
最判昭和39年5月12日民集18巻4号583頁が、自賠法16条の1項の被害者請求権が消滅しても、自賠法3条の補助的手段であるから、同3条の請求権は残存する、としました。
この結果、反対解釈として、自賠法3条の請求権が消滅すれば、自賠法16条1項の被害者請求権は消滅する、というのが判例・通説の考え方です。したがって、結論での回答となります。

質問した人からのコメント

2013/12/6 06:53:52

根拠となる判例を示していただき理解しやすかったです。ありがとうございました。そもそも「示談の成立ってなに?」という新たな疑問が浮かんだので調べてみようとおもいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuremusentaさん

2013/12/309:48:47

交通事故事例ではありませんが、店舗で受傷事故が発生し、お客様にケガを負わせた場合において示談を結びます。
この示談書には、“締結後は一切関知しない”旨を必ず記載しております。

今回、貴方が結ばれた示談契約書において、ここのところの記述はどのようになっているのでしょうか?

私の解釈不足なら謝りますが、何か「加害者とは示談終了。保険はこれから請求?」と読み取れたのですが、これって二重請求ですか?

bs124pさん

編集あり2013/12/409:53:36

自賠責保険に被害者請求すると言いますが、傷害120万円までの請求なのか、後遺障害認定の被害者請求どちら?

傷害保険なら、保険会社が治療費や休業損害を支払っての示談でしょ、なら既に加害者請求して回収されてるから無理だと思います。

後遺障害認定の被害者請求なら、問題なく可能です。

補足から。

示談とは、損害賠償金をOO円支払うことで示談となります、その後自賠責保険に被害者請求することは通常ありません。

ただし、示談後予想できない後遺症が発症した場合、別途協議するとしても、その後遺症と事故との因果関係が判然としない場合自賠責保険や保険会社は、支払い拒否をします。

現実的に、一度示談すれば支払われないと考えましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。