ここから本文です

柔道について。 今度、日本の文化紹介ということで柔道についてプレゼンをする...

gk5********さん

2013/12/321:39:30

柔道について。

今度、日本の文化紹介ということで柔道についてプレゼンをするのですが、なかなかアイデアが浮かびません。

今のところ、簡単な柔道の歴史、オリンピックを通した国際化に

ついてなどは話そうかなと思ってるのですが、
ほかに思いつきません。

柔道の魅力など、何でもいいのでアイデアを下さい。

閲覧数:
849
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bab********さん

2013/12/1101:17:55

ユウェナリス。
それが真実の意味中のウェストとの類似点によって言う場合。
Tenjin真楊流伝書。
など、それは抽出する?
側、パートナーの状態を浮かせる、から?
パートナーの肘およびカラー、および支払い?
脚..
重心のコントロール。
望むこと「ネ申健康な魂単に健康な肉を望むべきです。」
上に言及されるように、多くの教義がさらにあるかもしれませんが、それはあります。
それは、毎日以来柔道と思考が好きなことに関してマスターする容易さのTenjin真楊流です。
それを最高の考え自然と見なし、起倒スタイルを作成した言語。
武道は、何百呼ばれる学校でのスポーツで立派に結合されました。
嘉納治五郎。
あるいは、必要なことは柔道についての考えをちょうど導入することである。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hit********さん

2013/12/714:57:22

プレゼンの素材となれば幸いです。

1、柔道家 「道上 伯」氏 がフランスに柔道を普及する際に、初めて
創造した言葉
「心技体」をモチーフにした説明。
(この言葉は柔道起源の言葉です)

即ち 柔道とは 柔道(全人的な心も含む 技)によって 肉体(精神力)を鍛え、
心を育てる事。夫々の視点を別々に扱うのではなく、人の人生や思想と健康など
全体性として人間を捉え、自ら育てようとする思想。

西洋との共通性で言えば 真の意味での(現在の誤用で無く)
ユウェナリスの
「神に願う事は 健全な精神と 健全な肉体のみを望むべき」
(誤/健全な精神は健全な肉体に宿るべし ナチスによる曲解)

2、柔道文化は、文献上は500年前の竹之内流柔術(竹之内流小具足腰廻)を始り
とする。
数百と言われる流派の中、スポーツと武道を見事に融合させた 嘉納治五郎
(起倒流柔術と天神真楊流柔術を学んだ)により体系化された。
起倒流は甲冑兵法を含み 天神真楊流はジャケットレスリングの祖と言える。
習得しやすさ(進歩の実感し易さ)で天神真楊流 至高の思想性とし起倒流を
想定しているように見える。(講堂館・古式の形は 起倒流の形そのもので
現在の柔道とは全く違う原理を現している。また講堂館五つの形は嘉納の理想
を現しているとされる。)

天神真楊流 伝書
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/860406/1

嘉納治五郎演武動画(古式の形)
http://www.youtube.com/watch?v=ZPi7isHKzoQ

3、柔道の特徴
重心の制御
「作り(誘導)」と「崩し」
相手の重心を誘導してゆき、バランスが崩れた時、技が使われる。
合理的な操作が行われている。(但しここで言う重心は物理学で
物体の重心という際の重心とは異なり、体のバランス程度の意味)

足払い系の技が説明しやすいと思われる。
例 互いに袖と襟つかみつつ 左右の動きの中で 自分は①肩を落とし
②脇を絞り③相手の肘と襟から相手の状態を浮かせ④足を払うetc..

4、昨今の不祥事について
勝負に固執し過ぎるのは本末転倒。
心技体を見直すべき。

以上、独断も多いかも知れませんが 柔道が好きで、日ごろから考えている事を
書かせて頂きました。
何か ヒントになれば 幸いです。

adj********さん

2013/12/616:30:48

柔道の理念について紹介すればいいかと

iwa********さん

編集あり2013/12/415:44:13

実際に柔道の技を披露するようなデモンストレーションがいいと思います。投げ技、締め技、関節技、固め技、受け身等。そして技を披露した後、袈裟固めの掛け方と返し方、受け身の方法。大外刈りや大腰の掛け方等を実際に体験させる。
あと「何故柔道は、30秒間押さえ込むと勝利になるのか?」これを説明すると感心するかもしれません。
→戦国時代、合戦では、侍は鎧甲冑に身を固めていたため、刀で斬りつけあっても
中々致命傷にならなかった。そのため相手を投げたり転倒させたりして、押さえ込んでおいて、脇差しで相手の首を斬り落としたり、甲冑の隙間から心臓を突き刺したりしてトドメを刺した。この刀で斬り合う技術が剣術であり、やがて剣道になった。そして相手を投げたり転倒させたりする技術、相手を押さえ込む技術が現在の柔道になった。30秒間押さえ込まれたということは、首を斬り落とされた、心臓を突き刺されたのと同じようにみなされ、負けになるのです。

p_p********さん

2013/12/411:53:36

勝ち負け以前に大事なものがあるという柔道精神(武道精神)について話されては如何でしょうか

海外の人にはなかなか理解されませんけど

edo********さん

2013/12/321:44:02

漫画ありましたよね。浦澤さんの柔道漫画!
日本は漫画やアニメでも紹介してるよ!とか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる