ここから本文です

野球で、ヘッドスライディングと、全速力でベースを駆け抜けるのと、 どちらが速...

per********さん

2007/6/115:00:45

野球で、ヘッドスライディングと、全速力でベースを駆け抜けるのと、
どちらが速いのですか?

高校野球の最後の打者はファーストへヘッドスライディングするのがお約束ですが、
実は走り抜けるほうが速いのでは・・?

と思ってしまいます。

閲覧数:
4,999
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maj********さん

編集あり2007/6/117:14:30

ご質問は当然、1塁へ走りこむ打者走者限定の話だと思いますが、
私はリスクを負えるならば、ヘッドスライディングのほうが早いと思います。
地面に身体が着く前に、突き出した手でベースに触れるようにすれば
腕の長さ分近くは速いんじゃないのかなあと。
つまりよくあるギリギリのタイミングなら、十分セーフになる確率があるほどの違いがあると。

もちろんそのためには、摩擦によるロスを極力少なくしなくてはいけませんし、
両足をそろえて飛ぶなど運動音痴がやるような無駄な動きをしてはいけません。
そしてそれなりに負傷のリスクもあります。
(言うまでもないですが、走っているときに一番タイムロスを生むのは足がついている瞬間です)


よく、スライディング派が体育王国(筋肉番付)のショットガンタッチを例に出すと
「あれはボールの落下する前に触れるかどうかの競技だから」と頓珍漢なことを言う人もいれば
「落下地点近辺がウレタンマットだから、足元が悪く駆け抜けられないだけ」とそれなりにまともな言い分をいう人もいます。

でもたとえば外野手が、本当にきわどい飛球を頭からスライディングで飛びつくのはなぜでしょう?
飛球の落下速度を人間が上回れるわけがないのですから、
駆け抜けたほうが速いならば、ランニングキャッチをすればいいではないかと思いませんか?

陸上のアスリートがでスライディングをしないのは、
①着順判定が胸である
②地面が硬い & ③野球の走者の以上の走力を持っているので、野球以上にスライディングは危険 
という理由に過ぎないと思われます。

同様にプロ選手の多くがヘッスラをしないのも
①怪我によるリスクが甚大であるということ
②ここの回答者同様に大いなる勘違い
が原因ではないかと思われます。

以下参考までに。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?cmd=Retrieve&db=PubMed&lis...

[追記]
まあ正確にはヘッドスライディングというより、ヘッドダイビングといったほうがいいかもしれなかったかな。
とはいえ同じ範疇でしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hcx********さん

2007/6/322:35:05

ヘッドスライディングがヘタでかなり前からスライディングすると、その分土との摩擦で
遅くなるから絶対にかけ抜けた方が早い。

ヘッドスライディングが上手で土との接触がほとんどなくベースタッチできるならその方が早い。
筋肉番付で落ちてくるボールにタッチする競技でみんなヘッドスライディングだったのを見れば分かる
どっかの掲示板引用

anc********さん

2007/6/120:39:09

データーをとると駆け抜けた方が早かったというのをテレビで見たことがあります。

ヘッドスライディングの場合は飛び込む際に体重が踏み切る足に一瞬掛かるのでスピードが落ちるからだと思います。

cal********さん

編集あり2007/6/119:27:41

野手の 「ダイビングキャッチ」 と同じです。

踏むべき「ベース」は低い位置にあるため、すこしでも早くベースタッチするための1つの手段です。ホームベースではよく見ますが、1塁の場合でも同じ事です。「体が縦の歩幅」より「体が横で手を伸ばした状態」の方が長いですよね。

また、「最後まであきらめない」という気持ちが表現された行動です。

las********さん

2007/6/115:44:51

ベースに達する寸前に、全速で倒れ込む。
タイミングが良ければ、走り抜けるより一瞬早くなる。
ただし、良くて打撲、悪くて骨折で、もう走れなくなる。

med********さん

2007/6/115:07:45

なんの障害もなければ、走り抜ける方が早いです。争いのない事実です。

ジャンプするために踏み切る時間。ジャンプするための無駄なエネルギー。地面から1m近い高さにある手をわざわざ地面近くのベースにまで持っていく無駄な時間。
様々なことを考えて、明らかにヘッドスライディングは遅いです。

ただし、ヘッドスライディングが有効な場合もあります。
一塁への送球が本塁方向にそれるなどして、一塁手が打者走者にタッチしてアウトを取ろうとした場合です。この場合は、姿勢が低い方がタッグを避けやすいです。

また、野手がファウルゾーン方向に体制を崩していた場合は、走者は全速力で走りにくくなりますよね。心理的にどうしても力をセーブしてしまいます。そのような場合は、ヘッドスライディングをしたほうが安全だしはやいです。

高校野球でのプレイは非常に無駄なプレイと言えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる